スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Rio Olympics, Eventing, dressage, 2/2




リオ・オリンピック、総合馬術、調教審査、後半です。

大岩義明&ザ・デュークオブカヴァンの成績は、65人馬中29位。中盤につけました。

●大岩選手の成績
20160808072408330.jpg



大岩選手のコメント「馬はよく動いていたのですが、3ヵ所ミスがありました。そのことは残念ですが、終わったことなので、今は明日のクロスカントリーのことを考えています。非常にテクニカルで難しいコースなので、何があるかわかりません。すべてストレートラインを行くつもりです」




北島選手は65人馬中60位の結果となりました。

ドイツのイングリッド・クリムケ選手 &HALE-BOB OLD 号は4位です。

首位は変わらず、イギリスのウィリアム・フォックスピット&CHILLI MORNINGのままです。

チーム成績は、13国中、1位ドイツ、2位フランス、3位オーストラリア、4位イギリスです。ブラジルは中盤9位という健闘、ロシアは最下位です。日本は今回チームを組めませんでした。

ドイツはチームになると強いですね。馬場馬術(調教審査)は人馬のレベルが確実に現れる競技。棚からぼた餅はありえません。馬場馬術で全員が好成績を出せるというのは、ドイツの平均的な馬術レベルが非常に高いということですね。

明日(日本時間では本日午後10から)は、いよいよクロスカントリーです。クロスカントリーは配点が高いのでまだまだ挽回できます。

ベテラン大岩選手、得意の馬場馬術でかなり厳しい出だしとなりましたが、クロスカントリーでは冷静に確実に難所を切りぬけてほしいところです!!




20160808072410080.jpeg
(イングリッド・クリムケ選手)



ちなみに、イングリッド・クリムケ選手のお父様クリムケ博士は馬場馬術の神様のような方です。

本職はお医者様ですが、ご自分が調教した愛馬オーレリッヒはスーパースターとなりオリンピック金メダルを3個も獲っています。むかしの東京オリンピックにも出場しています。

クリムケ博士のモットーは、馬をスポーツの道具にしてはいけない、馬を愛するホースマンシップを忘れてはいけないというものでした。



20160808072409010.jpeg
(若かりし頃のクリムケ選手とお父様)



クリムケ博士は、愛馬オーレリッヒがなかなか技を覚えない(言うことを聞かない)ことに業を煮やして、きつく叱りつけたことがあったそうです。

するとオーレリッヒは叱られたことを執念深く覚えていて、馬場馬術を嫌がるようになりました。クリムケ博士はたった一度でも短気をおこしたことを深く後悔し、調教に必要なのは技術ではなく忍耐力だと学んだそうです。

トップレベルの馬を簡単にお金で手に入れようとする人は、馬場馬術がどんなに根気のいる長い道程であるかわかっていない、とも語っています。 ね、日本人選手もウサギさんにならず、カメさんになって馬術の原点に戻ってはどうでしょう。

クリムケ博士とオーレリッヒのウィニングランです。オーレリッヒの伸びやかな自然体の演技に世界中が魅了されたそうです。
https://m.youtube.com/watch?v=b4tiMDe19T0

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

Princess Leia  レイア姫

Author:Princess Leia レイア姫
.
This blog is for horse lovers.
For the other topics, please visit
“Suzuran cottage”
http://suzurannoie.blog.fc2.com/

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。