スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

My Jewerly, March, Viollet Broach

     s_20150301b.jpg
     アンティーク。フランス、リモージュ窯。
     陶磁器に手描きの絵付け。縦3.5cm。



暦の上ではもう春。
そろそろお花のアクセサリーを着けてもよいでしょうか?

れんげ、たんぽぽ、しろつめ草、おおいぬのふぐり、すみれ、すずらん…。

私が幼い頃、我が家にほど近いM星(乗馬クラブ)のまわりは田んぼが広がっていました。

先輩(いまはK星で某女子大馬術部の監督をしています)は当時、
クラブから駅まで馬に乗って朝刊を買いに行ったものだとか。
のどかな時代でした。

私は田んぼでレンゲやしろつめ草を集めて、お花の冠やネックレスを作って遊びましたっけ。

田んぼ一面のレンゲ畑、懐かしいです。
父に見せてあげようと野の花のブーケを作って家にもって帰ったことがありました。
小さなガラス瓶に生けてダイニングテーブルに飾ってもらいました。
ところが父が帰宅するころには、野の花はぐったりと萎れていたのです。
自然の美しさは人間の手で手折ってはいけないのだと、子供心に学びました。

田んぼはどんどん住宅地に変わり、
最近は野の花をみかけることもなくなりました。

それでもある日、姪っ子と近所を歩いていましたら、
住宅地のアスファルトのすき間から、紫色のスミレたちが顔をのぞかせているのを見つけました。

可憐にそして逞しく咲くスミレたち。
「これはスミレよ。とても綺麗だから摘まずにそのままにしてあげましょう。」
姪っ子もこっくり頷きました。



     s_20150301aa.jpg



私のこのスミレのブローチは、
美しい野の花の姿を永遠に閉じ込めて、ずっと私のそばに残しておける。
そんな、野の花への私のせつない恋心をかなえてくれます。

「ねぇ、あのときのスミレ、覚えてる?」
「あの春の日の、田んぼのあぜ道に咲いていた野の花、
よく作ったお花の冠、覚えてる?」
私のそんなメッセージ。見る人に伝わるといいな。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

Princess Leia  レイア姫

Author:Princess Leia レイア姫
.
This blog is for horse lovers.
For the other topics, please visit
“Suzuran cottage”
http://suzurannoie.blog.fc2.com/

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。