FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Red Brooch (My Jewelry, January)

I have looked for a red brooch for my red side-saddle skirt. I wanted one that was coloured like a stone at the breasts of Lipizzaners and shined like the chandeliers of the Spanish Riding School. However, it was difficult to find such a broach. When I have almost given up, I coinsidentally encounter this brooch in a small importing shop in Kobe. It was very cheep, just about five pounds. I oftern wear this brooch in winter. One day, one foreign jeweler noticed my red broach and asked where I had gotten it. He told me that my brooch was definitely an European antique and made of a rare material which we couldn't made in our modern time. I was a bit surprized at his story, but also very happy to hear that he liked it. I think an encounter with jewel is really a fate, like meating with people.




     s_20150101a.jpg
     アンティーク。国も年代も不明。
     縦4.5cmの結構大きなブローチです。




インテリアのコラムで、色の心理的効果をご紹介しました。
赤は、パッと明るく人の心を元気づけてくれる色。
そして、日本女性の黒髪と黒い瞳に一番合う色だそうです。

私のこの赤いブローチはもともと、
サイドサドルの赤いドレスに合わせるために探したもの。

私がイメージしていたのは、
スペイン乗馬学校のリピッツァたちが胸がいに飾っていた血のように赤く輝くブローチ。

シャンデリアの下でワルツを踊るリピッツァたちが目に浮かぶような
そんなブローチを探していたのです。

ところがなかなか見つからず、
アンティークジュエリー店の方にイギリスで探してもらっても無理でした。
ところが諦めていた頃に、神戸の輸入雑貨店で偶然見つけたのです。千円でした。

今では乗馬用ではなく、冬のお洒落に使っています。



     s_20150101b.jpg



これをコートに着けて百貨店に行ったとき、
外国人宝石商の方がとても褒めてくださいました。

どうもアンティークだったらしく、今では作れない貴重な素材でできているそうです。
たしかに現代の透明感あるクリスタルとは光り方が少し違っていて、
ぬめっと深く澱んだ光り方なのです。まさに血のような赤。
どこで手に入れたのかと詳しく聞かれてしまいました。
ヨーロッパの方って本当にアンティークが好きですね!

たった千円とはいえ私自身が気に入って買ったものなので、
宝石商の方に褒めて頂いて嬉しかったです。

ジュエリーは「出会い」だなぁと、つくづく思いました。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

そうです!

みきさん

ご実家でゆっくりできましたか?
私も今週から現実に引き戻されてます~。

R2との写真でブローチにお気づきになりましたか?アオちゃんとの写真でもマフの中央にブローチ着けてます。でも写真だとわかりませんね!

みきさんのバラのブローチは、何に合わせるかで雰囲気がいろいろ変わりそういいアイデアあれば教えてくださいね。私もお勉強中です

ブローチに気がつきました♥︎

レイアさん

こんばんは。

今日、東京へ戻りました。私の実家は田舎なので、早速人の多さにクラクラ〜とします😵

こちらのブローチは、2つ前のブログに掲載されたお写真の中でつけていらしたものですか?

パッと写真を見て、すぐにブローチに目がいきました💕

ブローチ、存在感があっていいですね!私も早くつけて出かけたくなりました😊
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

Princess Leia  レイア姫

Author:Princess Leia レイア姫
.
This blog is for horse lovers.
For the other topics, please visit
“Suzuran cottage”
http://suzurannoie.blog.fc2.com/

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。