スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Supplements for Horses

I am now thinking of giving supplements to AOI to strengthen his sprained leg if our vet agrees with it. I asked Mr. and Mrs. Marconipops in UK whether they give any supplements to their horse who is 20-year old but very healthy. They kindly taught me that they don't use any supplements but give him a variety of grasses, minerals, vitamins from carrotts, regular and appropriate exercise, and relaxation in pasture. What a sensible way to have horses! If I could give my AOI more natural environment, he woud recover from the injury soon. I feel very very sorry to my partner, forcing him a city life.


      20120626c
      マルコの日常
       http://sidesaddle.blog136.fc2.com/blog-entry-267.html



サプリメント


2月から旅行記を書き始めたいと思っています。

その前に急ピッチで近況報告です。

アオちゃんの足はだいぶ良くなりました。
多少跳ね回っても翌日にぶり返さなくなってきました。
表情も明るくなり、馬房ではいそいそと私のお手伝い(邪魔とも言う?)をしてくれます。

いま、腱を丈夫にするようなサプリメントを与えてみようかと悩んでいます。

英国製サプリなので英国のマルコラブ夫妻に相談すると、
英国ではサプリはあまり与えないと言われてしまいました。

マルコラブ夫妻の愛馬マルコは、20歳を越えてもハツラツとしています。
しかも年々元気になっているそうです。

マルコには、いろんな種類の草を食べさせ、
ミネラル補充のペレット、ビタミン補充のためのニンジン、
適度な運動と、ストレス解消のための放牧、
そういう基本的な生活のバランスを心掛けているとのことでした。

サプリに頼るより、自然に近い環境で飼ってやるのが一番なのでしょうね。
でも日本では放牧飼育が難しい。
人間の都合で不自然な生活を強いられているアオイに、申し訳なく思いました。

サプリを与えることで安易に自己満足しないで、
毎日のウォーキングと馬房掃除という地道なお世話を大切にしたいと思います。



さて、来月から「ドレッサージュの旅」シリーズに着手いたします。
興味おありの方はお付合いください。
スポンサーサイト

R2D2

I have took care of and ridden on R2D2 since his was a three-year-old colt. I think R2D2 imprinted on me. A few years ago, Obi-Wan Kenobi suggested me to own R2D2 with whom I had a strong bond, but I declined it because I didn't want to break the heart of my longtime partner AOI.

After AOI got his tendon sprained, I became very busy in rehabilitation for him and I couldn't find a time for R2D2. Other riders kindly volunteered to ride on R2D2 and R2D2 tried to do his best in carrying them. But it seemed very hard to build a good harmony between them. Maybe, because R2D2 is a hose who imprint on me, other riders have to ride like me. But they keep their ways and don't ask me how I have treated him for these three years (you know, I have used Natural Horsemanship Method and never forced him). I am very worried about the future of R2D2. After all, I think it is the best for him to stay with me.




     20140131c.jpg
     R2D2は私のことを、「オレ様の世話係」と思っています。




     20140131bb.jpg        20140131aa.jpg
     ひさびさにR2D2に乗りました。
     とても軽く柔らかい馬なので、腰痛持ちの私には楽。
     そしてR2D2も、長時間しつこくは乗らない(乗れない)私が好きみたい。




旅行記の前に、R2D2ネタです。

今年に入ってから怪獣R2D2の話題がまだでしたね。

「馬優先主義なんちゃうんかい? おのれの変身写真が優先かい?」
と、R2D2に拗ねられそうです。

R2D2は、3歳の子馬の頃から私がお世話してきました。
私の自馬にとすすめられたのですが、
私はアオちゃんの老後の面倒を見るつもりだったのでお断りしました。

でもR2D2とは本当に相性が良いのです。
子馬のころからカモの子のように「刷り込み」したおかげか、
お互いのコミュニケーションには何の問題もありません。
私が一番安心して乗れる馬です

でもアオちゃんの突然の故障で、
私はアオにつきっきりになってしまいました。
視線を感じて振り返ると、R2D2が恨めしそうな顔でこちらを見ています。

よっぽど淋しいときは鳴いて私を呼びます。
でも「ちょっと待ってね、ちょっと待ってね」とずいぶん待たせて、
日が暮れるころにやっと調馬策。

しばらくは馬術部出身の男の子がR2D2に乗ってくれていたのですが、
今年からはそれも頼めなくなりました。
元気が良すぎて、R2D2に乗りたいという人がなかなか見つかりません。

誰も乗らなかったら売り払われてしまうのではないかと心配です。

R2D2は今年で7歳になります。
結局ずっと私のそばにいるのではないかと、そんな気がしてきました。


First Ride on AOI 2014

Fortunately, AOI has seemed very well these days. He eagers to jump and run although I don't want him to do so for a while. A few days ago, I mounted on him for a short walk for the first time since he got the sprained tendon. I was very much moved when I found that AOI remembered all of my body communications and was ready to respond to them. After the walk, AOI seemed very happy and proud of having carried me like before. I hope AOI will be smoothly recovered. Probably, his tendon will be recovered faster than my backache!




     20140108b.jpg
     My sister and niece made traditional "Paper Cranes",
     wishing good health and long life of AOI.
     「美味しそうだなぁ~」千羽鶴を味見したがるアオちゃん。
     妹と4歳の姪っ子が折ってくれました
     ありがとう。あとで馬頭観音さんにお供えするね、食べたがるから。


復帰乗り

アオちゃんの足の調子が良さそうだったので、負傷後はじめて跨ってみました。
この日のために私も体重調整してきました。

常歩と軽速歩をほんの少しだけでしたが、愛馬にふたたび跨がることができ感無量
最悪の場合も覚悟していましたから。

昨年はほとんどアオに乗らなかったのに、
アオちゃんは私の扶助を完璧に覚えていました。

私がカーブしたいと思っただけで、アオちゃんは察してス~っとカーブしてくれました。
少しバランスバックしただけで、アオちゃんはふわりと止まり不動姿勢で私の下馬を待ってくれました。

普段なら当たり前のことでも、ジ~んときた



久々の騎乗の後、アオちゃんはずいぶんご機嫌でした

ずっと怪我人扱いされて本人が一番不安だったのかも。
元気だった頃のように無事お勤めをはたして満足げでした。

動物園長の故・増井光子さんがおっしゃっていたように、
動物にもお仕事(自分の存在意義)を与えたほうがいいのだなぁと思いました。



跨ってみた感想は、
跛行らしきリズムブレイクはないのですが、
歩幅が狭くスピードを上げたがりません。
だいぶ良くはなったけど、気長にリハビリを続けます。



Improvement of Horse Riding?

Improvement of Horse Riding

In the New Year party, my horsy friends and I watched videos of our lessons which were filmed many years ago. I watched my lesson with AOI in 2007. I was very astonished to see the catastrophe in partnership with AOI! Everyone would have thought that AOI and I were recently much better than that and my riding skills were quite improved. But the video showed that my riding skills were hardly changed.

So, I realized that it is not skills but the long long way AOI and I have just walked together to make us as we are. If somebody asks me a method of riding improvement, I wll reply, "It is a patience to keep riding on your difficult horse and keep doing the basics. You will find you improved when you feel comfortable on the difficult horse."



     
     アオちゃんですが、何か
     ボクのこと言った



お正月中、何かビデオを見ようということになり、
私の古いDVDをひっぱり出してきました。

そのなかには、2007年のレッスン風景もありました。
アオちゃんに乗り始めて一年目のビデオです。

意外にも、私の乗り方は7年前とほとんど変わっていませんでした。
自分の成長のなさにやや衝撃

でも、7年前の私とアオの不協和音は目を覆いたくなるほどヒドイものでした
ビクビクしながら必死でアオを誘導しようとする私。
私の誘導にイライラして、あらぬ方向へ蛇行していくアオ。

そういえば、アオは私にとって一番相性の悪い馬だったよなぁ。
それでも乗れと言われて、泣きながら乗っていた。

いまでは、わずかな体重移動でアオが「ハイハ~イ」と反応してくれる。
昔とくらべたら、ずいぶん上達したように見えることでしょう。

でも残念ながら、私自身はいうほど上達していないようです。
(上達どころか、悪い癖を直すのに必死です。
 最初の頃に先生から注意されたことを疎かにしてはいけなかった。)

いまは何が違うかといえば、
アオと二人で積み重ねた長い長い時間と、泣いて笑って乗り続けた根気
それが大きいと思います。

「乗馬を上達するにはどうすればよいですか。」と、
ある熱心なライダーさんに尋ねられました。


   苦手な馬でも乗り続け、基本練習をくり返す根気。
   苦手な馬が楽な馬に感じるころには、きっと一つ上手になっている。



そうお答えしたいと思います
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

Princess Leia  レイア姫

Author:Princess Leia レイア姫
.
This blog is for horse lovers.
For the other topics, please visit
“Suzuran cottage”
http://suzurannoie.blog.fc2.com/

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。