FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腰痛体操

After comming back to Japan, I have suffered from back pain since June. I hardly rode on horses. Now I do special exercises instructed by physical therapists in a hospital. I resumed riding from September. My partner horses, AOI and R2D2, didn't mind the break due to my physical problem, as long as they could get sweets as usual

J'ai un dos mal depuis juin. Je ne pouvais pas monter sur des chevaux cet été. Maintenant, je fais des exercices spéciaux, enseignés par un thérapeute dans un hôpital. J'ai commencé l'équitation à partir de septembre. Mon partenaire chevaux, AOI et R2D2, foutais la rupture à cause de mon problème physique, tant qu'ils peuvent obtenir des bonbons comme d'habitude



          20120912a
          アオちゃんと私。ピンクの百日紅の花をバックに。



          20120912b
          アオちゃんは、私がR2D2に乗ると不機嫌になります。
          心配しなくても、アオちゃんが世界で一番可愛いいよ!



さて、「サイドサドルの旅」シリーズを執筆しているあいだ、

実はしつこい腰痛に悩まされ、乗馬どころでない状態でした

最近ようやく、リハビリがてら馬に乗れるようになりました。



原因はいろいろ思い当たるふしが多すぎて。旅の疲れもあったかもしれません。

いろんな馬友さんに心配して頂き、治療院などいろいろ薦めていただきました。

ありがとうございました




          20120912c
          R2D2と私。
          R2D2はこの夏、ずいぶん成長して体が大きくなりました。
          この夏は私のせいで運動不足になってゴメン。



          20120912d
          でも、性格はあいかわらず怪獣です。
          よく監視していないと、あらゆるものを破壊します。先日は扇風機を破壊しました。




もともと反り腰で、背中に負担がかかりやすい体型です。

いまは、病院で理学療法士さんに「腰痛体操」を指導していただいています。
 http://blogs.yahoo.co.jp/tiden7/29642498.html

流行りのロングブレスを、もっともっとマイルドにしたような体操です。
 http://be-story.jp/articles/-/1453

おかげで最近、お腹まわりの贅肉がとれてきました
スポンサーサイト

Side Saddle Trip (45) Final, Return Home

Finally, I came back home after the wonderful trip. AOI and R2D2 were very happy to see me back home (or missed the apples and carrots I brought). I kissed them a lot.

Thank you very much for all of your help and kindness in Vienna and UK. In particular, special thanks to Mr. and Mrs. Marconipops. This trip would not have been possible without their help. And, thank you for all readers reading the long story of my trip (with the delayed English texts!) I hope you enjoyed it.

It was precious experience to see the real life of side-saddle ladies in UK. I was impressed by the ladies and also by how much they were intimate with their horses. I learned the "horsemanship" there.

In fact, horse lovers are the same everywhere in the world. We love horses and wish happy relationship with them. I was really glad to share my passion with lots of riders in the countries far from Japan. I hope to keep in touch with you and share our passion also through this blog.



          20120906
          AOI and Me, and the Welsh flag!

          AOI loves the flag and is eager to play with it.
          He always wants anything I have.



サイドサドルの旅(45) 最終回 帰国


サイドサドルの旅2012。

「世界は一家、馬キチガイみな兄弟 」 それを実感した旅でありました。

英国のヨコノラーに実際にお会いできた貴重な体験でしたが、

それ以上に、英国ライダーたちの馬との深い関係に感銘を受けました。

国が違っても馬への愛情は変わりませんでした。



ヨーロッパの馬たちも素晴らしいですが、やはり愛馬が一番です。

キュ~ンキュ~ンと甘えてくるアオちゃんの臭いをかぐと、ホッとできました。



長編でしたが、読んで頂きありがとうございました。

お土産らしいものもなしですが、ヨーロッパの写真を見て和んでいただけたら幸いです。

私自身、旅の思い出を整理しながらブログを書くのも、楽しい時間でした。



サイドサドル日記のはずが、時々、あらぬ方向へ脱線するこのブログ。

Horse Loversのみなさんと、いろんな感動を分かち合いたいと思いますので

これからもよろしくお願いいたします

Side Saddle Trip (44) Royal Opera House

At last, the end of this trip. At the last evening in Britain, I watched an opera "La Boheme" in my favourite Royal Opera House. That was a wonderful production! I was in tears with the beautiful song "Mi chiamano Mimi", a song of a poor girl having richness in her heart. The singers were also talented actors/actresses. Their comical acting made the audience burst into laughter.

The Royal Opera produces not merely high-quality music but human drama with the deepest insight. So does the Royal Ballet. Anyone can see their top-class performances with reasonable ticket prices. It is not only in the Royal Opera House. In London, we can see world valuable arts so easily. The Notional Gallery and the British Museum are free of entrance fees! I think such wonderful cultural environments nurture the creativity power in London.

True arts stir even rusty heart. We can be young and fresh again. As Kasper Holten, the director of Royal Opera House, commented, the opera house and any other good arts are "emotion fitness centers" to train "emotion muscles".



          20120903a



          20120903b



サイドサドルの旅(44) ロイヤル・オペラ・ハウス


とうとう、この旅も終わり。

最後の夜は、英国ロイヤルオペラで「ラ・ボエーム」を見ました。
 http://www.roh.org.uk/news/la-boheme-pre-performance-essentials

安いチケットなら8ポンド(約千円)くらい。
平日だったので、当日券でも簡単に手に入りました。

ちなみに、大英博物館やナショナルギャラリーは入場料無料です。

一般市民でも、世界一流の芸術に気軽にふれられる。
そんな環境が、ロンドンの創造性と活気を生んでいるように思います。



          20120903c



「ラ・ボエーム」、素晴らしい公演でした。

パリに住む、若く貧しい芸術家の卵たち(ボヘミアン)の物語。
貧しくても、夢に生き愛に生き。
生活の苦労も、仲間たちと冗談にして笑い飛ばす。

でも、貧しさゆえの厳しい現実があって...。

「ボロを纏えど心は錦」
そんなミミの人柄を、
ソプラノ歌手が透きとおるような声で歌いあげてくれました。

あんまり美しくて泣いてしまいました。
 http://www.youtube.com/watch?v=F2bKgu-BDCY
 http://www.youtube.com/watch?v=Y9v_MSEoQUw



          20120903d



若い芸術家たちが貧しさに奮闘する、コミカルな演技にも大爆笑しました。
まるで吉本新喜劇でした!

英国ロイヤルオペラは、ただ音楽が美しいだけでなく、
音楽を通じて、登場人物の内面を描き出す表現力が素晴らしい



          20120903zz



英国ロイヤルバレエもまた、単なるダンスにとどまらず、
ダンスによって深い人間ドラマを表現しています。

もう少し長く滞在して、ロイヤル・バレエも見て帰りたかったです。
http://www.youtube.com/watch?v=Y9BBnWkYiRM&list=EC2EF9ED4A30845991&feature=plcp

本当に素晴らしい芸術は、
心の奥底に封印されてしまった想い、錆び付いていた想いすら、呼び覚ましてくれます。
心が生き生きと若やいでくるような。

ロイヤルオペラの監督さんは、芸術に触れることは
「感情フィットネスセンターで感情筋を鍛えること。」だとコメントされていました。
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

Princess Leia  レイア姫

Author:Princess Leia レイア姫
.
This blog is for horse lovers.
For the other topics, please visit
“Suzuran cottage”
http://suzurannoie.blog.fc2.com/

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。