FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Side Saddle Trip (43) Riding in Hyde Park

Although the park hack on side saddles in Rotten Row is now out of fashion, Londoners still enjoy riding in Hyde Park. I have once enjoyed hacking in the park. It was fantastic experience. But this time, I didn't have an enough time to ride. As I stayed in Paddington area, I visited the park in the early morning just to see morning ride.

First I saw Metropolitan Police. I have watched a very interesting youtube video of their performance in London Olympia. I was deligted to encounter them there. Then, I saw two young girls and three ladies on elegant horses. I wondered why they were in formal turnout for private riding. Anyway, the horse riding in Hyde Park was attractive to watch.

If I have a chance to hack in Hyde Park again, I hope to canter in Rotten Row.



          20120831b
          ランカスター・ゲートの噴水。ハイドパーク。



          20120831c



サイドサドルの旅(43) ハイドパークで乗馬


ロッテン・ロウの社交風習は廃れましたが、

ハイドパークでは今でも人々が乗馬を楽しんでいます。



          20120831d



          20120831e



私はLancastor Gate駅近くに宿をとり、早朝にハイドパークを散歩することにしました。

まず、メトロポリタンポリス騎馬警官を発見!

朝の運動のようです。乗馬道ではなく車道を走っています。

メトロポリタンポリス、大好きなので、遭遇できて感激。
http://www.youtube.com/watch?v=GE4YU2QY_Yw



          20120831f



次に現れたのは、フォーマル乗馬服の少女たち。絵になります。

それにしてもなぜフォーマルウェア?



          20120831g



          20120831h



そして、これまたフォーマル乗馬姿の女性陣。

ジョギング集団をバックにした光景が現代的です。




旅行者でも、ハイドパークで乗馬を楽しめますよ。
https://www.hydeparkstables.com/

今回は時間がなくて無理でしたが、私も昔ここで外乗したことがあります。

緑がとても美しく、馬に驚いた鳩たちが頭上を飛び去っていきました。

でも、ロッテン・ロウを走った記憶はないのです。
次の機会にはぜひ、ロッテン・ロウまで案内してもらおうと思います。



          20120831i
          (reference only) Royal Horse Artillery preparing for the Jubilee ceremony, Hyde Park
          <参考画像> 女王在位60式典の練習をする、英国騎馬砲兵隊。ハイドパーク。
          運がよければ、こんな光景に遭遇するかも!



ちなみに私が外乗したとき、先導インストラクターは、フォーマルどころかタンクトップ姿でした

そのインストラクターに教えてもらった、ブリティッシュ・ライディング  


(1) まず、馬の上でComfortableでいられること。

馬の上で、ゆったりとくつろいだ気分でいられるかどうか。
これが一番大切なのだそうです。
自信のない馬や苦手な馬には、乗らない方がいい??

馬に乗りながら鼻歌うたったり、友達と冗談を言ったりする余裕、大切みたいです。


(2) 手綱はソフトコンタクト

イギリスの馬(ヨーロッパの乗用馬?)は中間種だから首が短くて、
手綱を引っ張られるとダイレクトに口にあたるらしいです。

外国での乗馬だからと不安になって手綱をシッカリ持っていたら、
馬が興奮してNON STOPになってしまいました!

「固くならずにリラックスして乗ってて~。それだけでいいから~。」
と注意を受けました。

私の感覚では、ハミが馬の口にかすかに触れているくらい。
外乗なら、手綱なんてプラプラで持たなくてもいいくらい。
このコツをつかんだら、ヨーロッパでの乗馬は問題なくなりました


(3) 車道を渡る

車道では車が停止してくれるので、慌てずゆっくり渡る。
停止してくれた車には、帽子の端をつまんで敬礼する(障害敬礼の要領で)。
スポンサーサイト

Side Saddle Trip (42) Rotten Row

One of reasons I stayed in London was to see real Rotten Row in Hyde Park. When I read some side-saddle books written around the 19th century, I found the word "Rotten Row" so many times but I couldn't understand it. I checked the word in the Internet and learned that it was the fashionable social place where ladies and gentlemen riding on horses or carriages gathered to meet. I also found the beautiful paintings by Heywood Hardy drawing the scenes of the morning ride in Rotten Row. I wished to visit there.

Rotten Row was located at the south side of Hyde Park. It was a wide and long boulevard for horses and carriages. Long rows of trees were along the boulevard. It would be pleasant to ride there in the morning fresh air. I imagined the beautiful scenery of elegant ladies on side saddles riding there.

"The Young Lady's Equestrian Manual" which I bought says that there were manners in such park hack. For example, as ladies ride with their legs at the left side, a rider has to pass a coming rider on the left side. I suppose this "lady-first" spirit has left in the traffic manner in the Britain to drive on the left side on the road. In addition, in park hack, a gentlemen gives a salute raising his hat, while a lady gives a salute with her hat on. This tradition remains in dressage performance.



          20120829a



              20120831a



サイドサドルの旅(42) ロッテン・ロウ


ロンドンではぜひ見たいものがもう一つありました。

ハイドパークのロッテン・ロウです。



   20120829b
   "Morning Ride, Hyde Park", by Heywood Hardy, 19th century




   20120829cx
   "Morning Ride, Rotten Row, Hyde Park", by Heywood Hardy, 1894



ロッテン・ロウは、18~19世紀、ロンドンのセレブたちが乗馬や馬車で集った社交場。

ロッテン・ロウ・デビューしたいためにサイドサドルを習う女性もいたそうです。



          20120829e



ロッテン・ロウはハイドパークの南端にありました。(Hyde Park Corner駅下車すぐ)

想像以上に幅が広く、真直線に長く伸びています。

どこまでもつづく並木が美しかったです。

朝の爽やかな空気のなか、ここを乗馬するのは気持ち良さそうです。



          20120829f



The Young Lady's Equestrian Manual によりますと、

公園内の乗馬(Park Hack)でのマナーは、

  すれ違うときは左側通行、
  追い越すときは右側から。

これは、サイドサドルの女性の足が左側にあるので、邪魔をしないためだそうです。

ヨーロッパで英国だけが左車線なのは、この頃の風習から来ているのでしょうか。

さすが英国紳士。レディへの気遣いが細かいです



また、挨拶するときは、

男性はかならずハットを脱いで会釈

女性はハットを被ったまま会釈

この文化は、馬場馬術にも残っていますね!

Side Saddle Trip (41) The Royal Mews

I visited the Royal Mews because I heard there was an exhibit of a Queen's side saddle. Unfortunately, there wasn't. But the Royal Mews is worth visiting (if you like horses). It is a royal stable like the Spanish Riding School. The Royal Mews has the elegant stable architecture, the collections of gorgeous horse tacks, and the collections of state coaches, although horses are not there.

I would like to suggest the Royal Mews to present some kind of equestrian performances, like the Spanish Riding School and the Versailles Equestrian Academy. For example, how about a small parade or a demonstration of the Horse Guards? That will attract lots of tourists (and make money), and help to keep their traditions.



          20120827aa



サイドサドルの旅(41) ロイヤルミュー



ロイヤル・ミュー(王室厩舎)にビクトリア女王の横鞍があると聞き、行ってみました。

でも残念ながら、鞍の展示はありませんでした。

でもロイヤル・ミューは一見の価値あり!

馬好きの私には、ロンドン塔よりよっぽど興味深い。

http://www.royalcollection.org.uk/visit/royalmews
http://www.royalcollection.org.uk/visit/royalmews/plan-your-visit?language=ja



          20120827b

スペイン乗馬学校の厩舎によく似ていましたが、

ロイヤル・ミューは主に、馬車用の厩舎。



          20120827c

馬車馬は、馬房でつないだままにするらしい。ちょっと可哀想。

肝心の馬たちは別の場所にいて残念。



          20120827d

黄金の戴冠式用馬車(Golden State Coach)

ブリンブリン、ド派手ぶりに驚愕

ムキムキの男の人魚たち4人が、ほら貝を吹いているという、斬新なデザイン



          20120827e

やはりヨーロッパは馬車文化だなぁと。

誇らしげに馬車を陳列する様子は、

お金持ちがフェラーリやポルシェを集めているのに似ていました。



          20120827f

ロイヤル・ミューの室内馬場。

ヴィクトリア女王の子どもたちもここで乗馬を習ったとか。

マルコラブ夫妻もここで乗馬していて、サイドサドルを習ったのだとか。

「ロイヤルファミリーによく会っていたの?」と尋ねても、なぜか答えを濁されました。

意味深だな~。


Side Saddle Trip (40) London

My trip was nearing the end. I said farewell to Mrs. and Mr. Marconipops, Marco, and Top-Hat, and left the peaceful countryside. I hoped to see them again in the near future.

Before taking a flight to Japan, I stayed one night in London. I really wanted to visit London again. It was the city with lots of memories! When I saw London again through the coach's window, I was moved so much. London was not changed at all. It was the center of business, education, culture, fashion, etc.

11 years ago, my friends and I watched a musical in Soho, and then stayed up all night walking along the Thames. We were all poor and young with full of dreams. We thought it was a miracle to be born in this world. We had a lot of chances. We had a huge world in front of us. We were just like Bohemians in the opera "La Boheme".

Now I can say the world is much wider than we had expected. Our life is beyond expectation. Who could imagine we would be connected by FaceBook everyday in the future?



             20120824a
             ナショナル・ギャラリーから眺めるビッグベン。
             ここは絶景スポットです



サイドサドルの旅(40)  ロンドン


とうとう旅も終わり。

お世話になったマルコラブ夫妻に別れを告げ、帰国前にロンドンで一泊。

懐かしいロンドン

昔とな~んにも変わっていない!



          20120824b
          トラガルファー・スクエアのライオン。ジョン(勝手に銘々)、元気だった~



昔、ミュージカルを見た帰りに、

仲間とテムズ川のほとりを歩いて夜を明かしたっけ。

みんなで夢を語り合いました。

貧乏学生だった私たち。失うものなんて何もない。

この世界に生まれてきただけでも素晴らしい。

そのチャンスを無駄にしないよう、いろんなことに挑戦しよう、人生を謳歌しよう。

そんな気分でした。

あの頃のわたし達って、オペラ「ラ・ボエーム」のボヘミアンのようでした!



          20120824c
          ロンドン名物、ダブルデッカーと大渋滞



          20120824d
          バッキンガム宮殿の衛兵さん!



          20120824e
          コベント・ガーデン。この古いマーケットは、映画マイフェアレディーの舞台にもなりました。
          イギリス名物の、赤いテレフォンボックスと、大道芸人さん。




          20120824f
          コベント・ガーデンの内部。
          アマチュア音楽家が演奏している様子も、昔とちっとも変わりません。



Side Saddle Trip (39) Wales

It was my first time to visit Wales. Wales is the country associated with beautiful green hills and the legend of King Arthur and the Knights of the Round Table.

Wales was a more beautiful and romantic country than I had expected. In Wales, I actually saw old castles and churches in the green hills when passing by. Most of them have been ruined. I prefer such old untouched castles to completely restored ones for tourism. One of them, a ruined cathedral, was very beautiful and mysterious as if it is still haunted by ghosts of King Arthur and his knights.

I am very interested in the Celtic mythology. It is quite similar to our Japanese indigenous religion. Probably, any nation has the similar polytheistic religion in its history. Like Celts, ancient Japanese also believed that the world was divided into: the world gods and fairies live, the world the dead live, and the world we live. And, they wished the good balance and communication among these three worlds. It means, coexistence with the nature and the fate. Even after introducing Buddhism as official religion in the sixth century, our ancestors have kept their pagan traditions, respecting the nature as gods having sacred power (they considered horses as sacred animals). Still now, many Japanese believe that stones such as crystals have spiritual power, and gemstone accessory shops are quite popular.

I heard the Celtic mythology is also kept alive in British culture and arts, producing world-famous literatures such as "Romances of King Arthur", "The Lord of the Rings", and recent "Harry Potter" series.

I will recommend my friends to visit not only England but also Wales and other countries in UK. They will find Wales so romantic. The Britain has various charms and beauties.



サイドサドルの旅(39) ウェールズ



          20120822a



今回、ウェールズを始めて訪れました。

ウェールズといえば、

美しい緑の国、アーサー王伝説ゆかりの古城の国、

そんなイメージがあり、楽しみにしていました。



          20120822b
          参考画像



          20120822c
          参考画像(私のカメラでは上手く撮影できなかったので!)



          20120822d
          参考画像



ウェールズには、古いお城や教会があちこちに残っていました。

観光地化はされておらず、ほとんどが廃墟です。

それがまた、風情がありいいのです。

騎士たちの霊が、いまでも古城にさまよっている気がします。



          20120822e



          20120822f



          20120822g



ウェールズ人の祖先は、イギリスの先住民ケルト民族。

妖精や魔法使いが登場するケルト文化は、日本でもおなじみ。

「アーサー王物語」、「ロード・オブ・ザ・リング」、「ハリー・ポッター」 なども

ケルトの世界観から生まれたそうです。



ウェールズは、歴史が古いだけあって、

ロマンチックで神秘的な雰囲気がありました。



          20120822h


英語とウェールズ語で併記された標識。




          20120822i


ウェールズの伝統的なお菓子。ウェルシュ・ケーキ。

レーズン入りスコーンをぺちゃんこにして砂糖をまぶしたようなお菓子です。

とっても美味しかった。


ウェールズまでは、ヒースロー空港またはロンドン・ビクトリア駅から、高速バスで3時間ほど(ナショナル・エクスプレス)。

鉄道よりずっと安くて便利でした。

Side Saddle Trip (38) Highclere Castle

So! Shall we back to my trip stories?

Besides the side saddle show, I was also looking forward to visiting "Downton Abbey"!!! Mrs. Marconipops kindly managed to get tickets of Highclere Castle. I really wanted to visit there, not only because it is a location of the drama, but also because it is a typical place where the side-saddle culture was developed in old days.

The Highclere Castle stands in the beautiful English countryside. It was a very romantic castle with relaxed and comfortable atmosphere. How fantastic if I can live like a princess in a castle! But in fact, when visiting this real castle, the residence of the Earl and Countess of Canarvon, I found that the princess's life would be rather boring without freedom. There is no book shop, cinema, shopping street, restaurant, and Haagen-Dazs shop nearby! And, there is no neighbor! I can't imagine the life in the castle in the ages without cars, TVs, and telephones.

I understand why people in "Downton Abbey" often invited visitors and persuaded them to stay long. That was for a change of their routine life. Without any nearby amusement facility, they entertained their visitors by hunting, dinner parties, etc. at home. The side-saddle riding would have been inevitable in the country life for transportation and socialization.

In the drama "Downton Abbey", some members of Side Saddle Association helped and appeared in the hunting scene. I heard that they were filmed all the day for the scene but the most of the film was cut in the editing process. But they really enjoyed riding side-saddle in the beautiful estate of the Highclere castle. I also heard that they had never imagined the drama would become such a big hit!



          20120820a



サイドサドルの旅(38) ハイクレア城


さて、旅の話に戻ります! 後半は観光ネタです。

なんと、ドラマ「ダウントン・アビー」のロケ地、ハイクレア城を訪れました
http://www.highclerecastle.co.uk/



          20120820b



ハイクレア城には、今でもカナーボン伯爵一家が住んでいます。

門から車で2Kmほど走ると、お屋敷が忽然とあらわれました。

幻想的な美しいお城でした 



          20120820c



窓からながめると、辺りに広がるのは緑の牧草地ばかり。

近くには町も繁華街もありません。「緑のなかの孤島」という感じ。

お城に住むなんて素敵に聞こえるけれど、実際はかなり退屈そう~。



          20120820d
          参考画像 ドラマのワンシーンより



こういう田舎暮らしでは、お客様をご招待することが気分転換になっていたようです。

何もない田舎でお客様をもてなすには、ハンティングは魅力的な娯楽だったことでしょう。



          20120820e
          参考画像 ドラマのワンシーンより



「ダウントン・アビー」のハンティング・シーンには、

サイドサドル協会のメンバーたちがエキストラで出演しています

朝から一日がかりで撮影して、使われたシーンはほんのちょっぴりだったそうですが!



それでも、お城でサイドサドルできて楽しかったとのことです。

撮影時には、このドラマがこんなにヒットするとは思わなかったそうです。



          20120820f
          参考画像 ドラマのワンシーンより




ハイクレア城では、観光客用にホース・トレッキングも企画しているようです。

機会があれば、いつか私もお城をバックに外乗してみたいな



          20120820z
          参考画像

ロンドンオリンピックを振り返って(2)

In the London Olympics dressage, not only popular German and Dutch breeds but also other breeds competed. I was very happy to watch two Iberian horses appeared in freestyle. The Spanish horse, FUEGO (Pura Raza Espanol), came the 10th in the final, and the Portuguese horse, RUBI (Lusitano), came the 16th. In addition, the Italian breed, EREMO DEL CASTEGNO came the 15th. The Iberian horses showed fantastic performances with Latin music!

I love FUEGO the best! The appearance of this beautiful white horse is similar to that of the Lippizzaner in the Spanish Riding School in Vienna. But this Spanish horse ridden by the true Spanish rider, Juan Manuel Munoz Diaz, presented a totally different show. FUEGO was so passionate and looked like dancing Flamenco with castanets! He was amazingly supple and springy. His passage and piaffe were perfect with cadence and rhythm. Munoz Diaz rode very supple with good seat and soft hands, which is typical for Latin riders.

Now I understand that Spanish horses are horses for Spanish people, because they have been bred to suit Spanish people. The same goes for all breeds in their countries.

I wonder why FUEGO couldn't get a higher score. If it was because the Iberian horse has a smaller body and shorter legs in comparison to some popular breeds, it is so pity. I wish the dressage judges judge horses not for breed's constitution and breed's typical movements, but for horsemanship including suppleness, self-carriage, and willingness resulting from "good training".

I hope Japanese people will breed our own horses and compete on our breed with Japanese music in freestyle someday.



さて、今回のオリンピック馬場馬術で嬉しかったのは、

スペイン種(イベリア種)が2頭も決勝進出していたこと
http://www1.nhk.or.jp/olympic/equestrian/result.html?j=DrIndiRank (右端に動画ボタンあり)


かつて古典ドレッサージュの主役だったスペイン種。

今では時代遅れになって、現代競技規程では勝つことができないと聞いていました。

でもそんなことない!素晴らしい演技を披露してくれました。




        20120816a
        Juan Manuel Munoz-Diaz & FUEGO



             20120816b



             20120816b1



        20120816b2



スペイン
FUEGO号(純潔スペイン種)と、Juan Manuel Munoz-Diaz選手
決勝10位



なんて綺麗な白馬 しっぽがふさふさ

スペイン乗馬学校のリピッツァに似ているけれど、
スペイン人が乗るスペイン種って、また違うなぁ。

馬がフラメンコを踊っているみたい!
情熱的なスペイン音楽とマッチしてます。

ダブル・ピルエットがまた素晴らしい

ラテン民族は体が柔らかいというけれど、
Munoz-Daz選手のあの柔らかいシート、ソフト・コンタクト、ワン・ハンドでの騎乗、

このラテンおやじ、タダモノではないと感じました。
(Munoz-Daz選手について情報あれば教えてください)

ラテンおやじらしい、ニチャッとした甘い笑顔もよかった



             20120816c
             Goncalo Carvalho & RUBI



ポルトガル
RUBI号(ルシターノ)と、Goncalo Carvalho選手
決勝16位



ラテンのディスコ・ミュージックとともに登場!!
音楽も熱い、そしてCarvalho選手の顔も非常に熱い!

ラテンだね~!

ポルトガルが誇るルシターノ。この動画もおすすめ。
http://www.youtube.com/watch?v=Dea5gWSEoXk&feature=player_embedded
http://www.youtube.com/watch?v=a1fsXJlesiU&feature=player_embedded


ラテン民族は日本人と体型が似ているので、乗り方にも注目。

ラテン系ライダーの特徴は、

(1) 背が低い

       重心が下の方にあるので、シートが安定しやすい。
       自分の体型にあわせて、コンパクト・サイズの馬に乗っている。
       身長にあわせて、トップハットの高さは低め。     

(2) 体の柔らかさ

       ラテン人の一番の強み。
       体(関節)が柔らかいから、シートが非常に柔らかい。
       ライダーが柔らかいと、馬も柔らかく動けるらしい。   

(3) 几帳面ではない。努力家でもない。人生も乗馬もエンジョイ。 

       「だからドイツ人に負ける。」と本人たちは言っている。




        20120816e
        Valentina Truppa & EREMO DEL CASTEGNO


イタリア
EREMO DEL CASTEGNO号(イタリア産)と、Valentina Truppa 選手
決勝15位



うるわしいカンツォーネとともに登場。
私の好きな Time To Say Goodbye も流れて感激!


Truppa選手、身長160cm、体重55kgです。親近感わきます。

わかるわかる~、私たち、足がゼッケンの下にやっと出るくらいよねぇ~。
踵が馬のお腹の上にきちゃうよねぇ~。

ガル選手(身長185cm)は惚れ惚れと眺めるにはいいけれど、
一番勉強になるのは、自分と体型が似た選手の乗り方。



この馬は純粋なスペイン種ではありませんが、
イタリア国営繁殖所が競技用にブリーディングした馬だそうです。

日本がオリンピックで勝つには、
日本人に合う馬を自国で繁殖できるようになるまでは無理だろうなと、
正直思いました。



            20120816z



ちなみに、本場のスペイン種とはこんな感じ。
ドレッサージュの本来の姿です。

見てください、この壮絶なハーフパス!このピルエット!この人馬一体!

Horse Power (馬はルシターノです。残酷なシーンあり、注意)
 http://www.youtube.com/watch?v=O4glo6LBmyI

ロンドンオリンピックを振り返って(1)

During the Olympics, I didn't have enough time to watch all of the dressage performance videos. So, now I enjoy watching them.

Besides the successful British riders, the other riders and horses also showed wonderful performances. Especially, I am very much impressed by Edward Gal and Undercover.

In contrast to masculine Totilas, Undercover showed feminine and delicate beauty. I prefer Undercover. Did you see his half-pass? The pure symmetry and the regular rhythm? And his piaffe and passage! Undercover's movements are so musical. It is the arts. The BGM moves me to tears. Edward Gal is an amazing rider who can draw out the personality and individuality of each horse.



オリンピック中は動画をざっとしか見れなくて、
いまようやく、落ち着いて観戦しています。


馬場馬術フリースタイル

どの馬も素晴らしくて、甲乙つけがたい!



          20120815a
          Carl Hester & Uthopia



残念だったのは、やはりカール・ヘスターとユートピア号。
昨年12月の演技とぜんぜん違います。
http://www.youtube.com/watch?v=-iJWbFFjfck

あんなにダイナミックな動きをする馬だったのに、
オリンピックでは、馬が起きてこない。
マルコラブ夫妻もユートピア号の不調が何より残念だったそうです。

でもイギリス馬場チームの快挙は素晴らしい。
カール・ヘスターの故郷サーク島では、
カールの偉業を記念して、ポストが金色に塗られるそうです
(なんでポストやねん。)



          20120815d
          Edward Gal & Undercover



イギリス勢も素晴らしかったですが、
私が一番感動したのは、エドワード・ガルのアンダーカバー号。
http://www.youtube.com/watch?v=AtdhyGWriTY&feature=player_embedded

あまりに美しすぎて 
まるで伝説のなかの騎士のようで 
心に染みました 

あの足さばきの優美さ 
左右の完全なシンメトリー 
粒のそろったテンポ 



          20120815b
          Edward Gal & Undercover



あのハーフパス見ました ?
水面をすべる黒鳥のように、ス~っと流れるように平行移動してる

馬のバランスが安定していて、馬体が横揺れや縦揺れしないからだと思う。

そして、あのパッサージュ!
美しすぎてタメ息ものでした

音楽も泣かせるねぇ。



          20120815c
          Edward Gal & Undercover



男性的なトティラス号が比べ、アンダーカバー号は女性的でしたね。

好みによるでしょうが、私はアンダーカバー号の方がタイプかも

馬の個性を引き出せるガルさんは、本当に凄いです。


アオちゃんだぜぇ

I have been writing the stories of my trip, so AOI didn't have a chance to say Hello to you! We have hot summer in Japan, but fortunately AOI is fine. He enjoys eating water melons, his favourite fruits. Usually, I eat red sweet parts of the melons and AOI eats the skins. But I don't like to eat water melons every day for him, so these days I give him the red parts too. You cannot imagine how happy he is!! Everybody told me I amm spoiling the boy.



        20120813a



アオちゃんだぜぇ。

スギちゃんのモノマネをするぜぇ。



        20120813b



レイア姫の旅行話が長すぎて、アオちゃん、全然出番なかったぜぇ。

でも元気だったぜぇ。

体中に花(栄養斑点)が咲いてるくらいだぜぇ。



レイア姫の方は、腰を痛めてずっと馬にのれないぜぇ。

でもアオちゃんのお世話はしてくれるぜぇ。




        20120813z



夏だから大好きなスイカもらってるぜぇ。

赤いところはレイア姫が食べて、皮はアオちゃんが食べるぜぇ。


レイア姫、さすがにスイカを食べ飽きたらしくて、最近は赤いところもアオちゃんにくれるぜぇ。

馬なのにスイカの赤いところ食べてるぜぇ。

糖度12度だぜぇ。

ワイルドだろう?



        20120813c
        レイア姫  「アオちゃんはどうしてそんなに可愛いの?」
        アオちゃん 「うまれつきなの 



        20120813d
        「おしり痒い~の

ロンドンオリンピック 馬場馬術 自由演技

Congratulations Charlotte and Blueberry (Valegro)

Thank you very much for your wonderful performance with joyful British music! Your performacne made everybody cheerful!!


        20120810a
        Britain's Charlotte Dujardin won Olympic gold in individual dressage on horse Valegro after a freestyle that celebrated British musical classic Pomp and Circumstance.



シャルロット、ブルーベリー(ヴァレグロ号)、おめでとう

グランプリ、スペシャル、キュア、全てにおいて堂々の一位

すばらしかったです

調教したカール・ヘスターもおめでとう!



        20120810b



人馬の息がピッタリでしたね

シャルロットもブルーベリー号も、ノリノリで舞台を楽しんでいるように見えました。

だからかな。素人の私が見ても、とっても楽しくてワクワクする演技でした


曲もやってくれましたね~!

「威風堂々」に、「惑星」に、「007」!
イギリス・メドレーでロンドンオリンピックを見事に締めくくってくれました!



        20120810c



いや~、楽しいオリンピックでした。

日本でも馬術競技を全て動画観戦できる時代が来たなんて、本当に嬉しいです。

速報を送り続けてくれた馬友さん、どうもありがとう!
みんなで一緒に観戦している気分でした



        20120810d



日本人選手のみなさんもお疲れさまでした!

日本人が出場してくれたから、馬術競技に興味を持てて、こんなにオリンピックを楽しむことができました!
こんな晴れ舞台に日本人も出場できるなんて、素晴らしいです。

たくさんの感動をありがとうございます!

4年後のリオを楽しみにしています

ロンドンオリンピック 馬場馬術一次予選1日目

Mr. Hoketsu and Whisper showed wonderful performance for the Grand Prix dressage test in London Olympics! Whisper was calm and elegant. I was moved by the trust between Mr. Hoketsu and Whisper. They made some mistakes and the score is 68%. But I am very proud of them. It was good dressage based on harmony between rider and horse.

Currently, the pair of Carl Hester and Uthopia is leading after the first 18 competitors. To tell the truth, I am very sorry that the legendary pair of Edward Gal and Totilas is not there. I hope Edward Gal will show good performance with his new partner today.

I have not yet watched the other riders's performance because the Olympics online video survice is now busy. Although I am happy to hear that Uthopia is in good conditions, I am surprised at the score lower than 80%. Not only Uthopia, but also the other horses seem judged very strictly. I hope the dressage competitions will be fairly judged to satisfy everybody including athletes and audience.




        20120803




法華津さんとウィスパー、すごく良かった~
さきほどNHKネットストリームで見ました。
http://www1.nhk.or.jp/olympic/equestrian/

ウィスパー号、落ち着いた柔らかい動きで、素晴らしかった 法華津さんも、すごく優しく乗られていました。まさに、人馬一体!それこそ馬場馬術が目指すものですから。この4年間でさらに深まった人馬の絆を感じました いい演技でした。日本人として嬉しく思いました。会場の拍手も温かかったですねぇ。

馬上の法華津さん、ダンディで本当にカッコよかったです 歳を重ねても、美しい姿勢と滲みでる品格。ああいうシニアに私はなりたい

素晴らしい演技をありがとうございました。

ウィスパーちゃんはほんとうに可愛いい!金メダルは無理かもしれないけれど、あの可愛いさだけで世界ランキング第一位でしょう!法華津さんには是非、リオを目指してほしいです。




        20120803b
        カール・ヘスターとユートピア号(回線混んでて動画みれない)



さて、ただいま暫定一位はカール・ヘスターとユートピア号(77%)!

ああここに、ガル選手&トティラス号のペアも見たかった。本当に残念です。



             20120803c


sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

Princess Leia  レイア姫

Author:Princess Leia レイア姫
.
This blog is for horse lovers.
For the other topics, please visit
“Suzuran cottage”
http://suzurannoie.blog.fc2.com/

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。