スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海泳ぎ!

Swimming on horse in the sea

Japan is islands. We have lots of beautiful seaside! This August, my sidesaddle friends, Tina, and I went to one of the islands to swim on horses. Unfortunately, it was cloudy, but we enjoyed riding very much.

I didn't know how difficult to make horse swim is!! Yoda (my greate riding master who now lives in the obscure island) told me that it is a rider that prohibits a horse from swimming. A rider should allow a horse to freely move his muscles, especially a neck. Mmmm, the basis of equestrian art is important also in swimming. I also found that riding in water is much safer than on the ground. We removed saddles from the horses and enjoyed riding bareback. Finally, we cantered on the seashore.


今年の夏の最大のイベント、海泳ぎ
海水浴なんて何年ぶりだろう~
あいにくの曇り空でしたが、熱中症の心配もなくちょうど良かったです。


        20110829a

        馬を泳がせるのって意外に難しい
        馬が泳ぐのを面倒臭がって、すぐに歩いちゃう。
        重~い馬を駈歩させるより難しいです。


ライダーが馬の邪魔をするから、泳ごうとしないのですって。
特に、手綱で口を引っ張ると、一気に泳ぐ気失くします。
方向指示は手綱ではなく脚で指示してやった方が、首を自由に使えて泳ぎやすいみたい。
それと、馬に「乗る」というより、イルカと一緒に泳ぐような方法がいいと思いました。

「馬の邪魔をしない」 
乗馬って基本は何でも同じなんですね


            20110829bb

            カバちゃん(馬)を足がつかなくなる沖まで行かせて、
            有無を言わさず泳がせようとトライ。

            でも馬の方がよくわかっていて、深い所には絶対行こうとしない。
            賢いカバちゃんに大笑いしているところ。


        20110829c

        結局、カバちゃんの尻尾につかまって「馬による水中スキー」
        「これが一番、お客さんにウケるんだな~。」とヨーダ。


            20110829dd

            馬具を外して、裸馬で乗る。
            気持ちいい~


            20110829ee

            最後に、波打ち際を「暴れん坊将軍」


はぁあ~
おバカ乗馬、楽しかった~
みんなでワイワイ乗るから一層楽しいんだね
スポンサーサイト

骨折から半年

6 months have passed since my fall-off from AOI and wrist fracture. Strangely, AOI and I now have a relationship much better than before. AOI is concentrated on exercises with me and not at all makes naughty leaps like before. AOI has changed. But I myself have changed, too. Before the accident, I was eager to control AOI in cantering and forced him too much. Obi-Wan Kenobi (riding teacher since my youth) warned me not to challenge a higher level, but to step back to basics. But I was eager to develop my skill in a short time. After the accident, I gave up my own ambition and decided to content with what we are. Nowadays, AOI looks very relaxed and enjoying with me. Bartabas said “The horse is like a mirror.” I really agree with that.


        20110817
        葵(右)と姫(左)
        ちょっと昔の写真だけど、可愛いでしょ。


骨折から半年が過ぎました。
葵とは今までにないほど息がピッタリ。
ロデオみたいだった葵が、全く跳ねなくなりました。
「ええ感じやん。」と珍しくオビワンにも褒められた。

葵がこんなに変わるなんて
葵は諦めるべきなのかなと、泣く泣く考えていたのに。
(跳ねられても好きだったから)

でも、変わったのは葵ではなくて私自身なのかもしれない。

骨折前の私は、
葵を乗りこなすことが夢でした。
私って性格は意外と体育会系なので、
跳ねられようと暴走されようとガツガツ練習していました。
気合と根性でなんとかなると思っているところがあった。

葵で駈歩をマスターしたかったのだけど、どうしてもできなくて。
発進した途端に首をうんと下げて暴走するし、
輪乗りしたら外へ逃げようと暴走するし。
首の力がもの凄いから、乗っている私は大変なんですよ

オビワンが言うには、私が悪いんだそうです。
発進のときに私のバランスがちょっと前に崩れたり、
輪乗りでバランスがちょっと外に傾いていたりするから。

「葵は言われたとおりに動いてるやないか!
駈歩にこだわらんでも、
常歩でも速歩でももっと練習すること(直すこと)があるんとちがうか。」
(全く同じことをU田先生やN村先生にも指摘された~

骨折後は、身の程知らずの目標なんて掲げずに、
私が今できるレベルで満足することにしました。
上達のための練習は、Sジークで見てもらっているしね!

焦らずゆっくり、今すべきことをやればいいか。
憧れには結局届かないかもしれないけれど、
少しづつでも前進しているなら、それでいいじゃない
葵と一緒にいられるなら、それでいいじゃない

そんな私の心境の変化が、葵を変えたような気がするのです。

(夏バテで跳ねられないだけかもしれないけど。
こんなこと言ってて、冬にまた野生のムスタングに戻ったらどうしよう。)

for Oxford Lovers!

オックスフォードが懐かしくなっちゃいました。
Kさん、お嬢さんにこのサイトご紹介ください↓
http://www.oxfordlight.co.uk/


        20110805a
        Oxford, "The City of Dreaming Spires" (夢見る尖塔の町)



        20110805b
        Balliol College



        20110805c
        Hertford College, Bridge of Sighs
        この橋をくぐってラドクリフ・カメラまで続く、古い石畳の道が好きでした。



        20110805d
        Looking towards Radcliffe Camera and All Souls



        20110805e
        New College
        この門の向かいにEdamameっていう和食屋さんがあるんだけど。

 
        20110805f
        Port Meadow
        ホームステイ先のすぐ裏がこのポートメドウ。
        夕ご飯の後はここを散歩してました。大好きだった場所。



        20110805g
        Randolf Hotel
        この老舗ホテルでX嬢は2回もアフタヌーンティーしたとか。
        恐れ多くて私は入れなかったわ。
        モーリスやオスカー・ワイルドの世界っぽくて。



ド貧乏留学生時代が懐かし~
いつものパブにいつもの顔がそろって
人生や恋について語り明かしたものでした。

今ではみんな離れてしまったけれど、
心はいつでもFaceBookでつながっている!

sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

Princess Leia  レイア姫

Author:Princess Leia レイア姫
.
This blog is for horse lovers.
For the other topics, please visit
“Suzuran cottage”
http://suzurannoie.blog.fc2.com/

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。