FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Horse Quotes 馬術家名言集12 ガンダルフ

Gandalf in "The Lord of the Rings"
ガンダルフ 「ロード・オブ・ザ・リング」

"I did not know you rode bareback, Gandalf," he said. "You haven't a saddle or a bridle!"
"I do not ride elf-fashion, except on Shadowfax," said Gandalf. "But Shadowfax will have no harness. You do not ride Shadowfax: he is willing to carry you - or not. ..."

「ガンダルフ、あなたが裸馬に乗られるとは知りませんでした。鞍もなければ、手綱もないんですね!」
「飛蔭でなければ、わしはエルフ式の乗り方はせん。」と、ガンダルフはいいました。「じゃが、飛蔭は一切の馬具をつけようとはせんじゃろう。あんたが飛蔭に乗るのではない。彼が喜んであんたを運ぶのじゃ----あるいは然らずじゃ。」(瀬田貞二氏訳)

          gandalf

Gandalf told us what we horsemen are to be.

馬と人が真に理解しあい信頼しあえたとき、人馬一体になれたとき、
鞭も拍車も、鐙や手綱さえも、いらないだろうと思うのです。

私が馬をむりやり走らせるのではなくて、馬が私を喜んで運んでくれる。
心をひとつにして一緒に運動することを楽しんでくれる。
そんな乗馬が、私の理想です。

Please watch youtube "What Dreams Are Made Of".
http://www.youtube.com/watch?v=vVf44xC__p4
スポンサーサイト

Horse Quotes 馬術家名言集11 リンダ・テリントン・ジョーンズ

"Getting in TTough with your horse" by Linda Tellington-Jones

テリントンタッチの考案者、リンダ・テリントン・ジョーンズ女史

          linda

Generally, we are taught that to control a horse we must dominate it, ... that to touch horses too much "spoils" them, .... But in my experience, when we recognize horses as individuals, ... we can adapt our training methods to maximize and even expand learning ability.

馬をコントロールするためには馬を支配しなければならないとか、馬を触りすぎると「甘やかす」ことになるとか、よく言われます。しかし、私の経験では、馬を個人(individual)として認識することで、調教法を最大限に活かし、馬の学習能力を高めることさえできます。

In order to really know the individual, you need to understand the horse's personality and charactor. Only then can you get the best from your horse and give your best back to him.

馬を個人(individual)としてよく知るためには、その馬の個性と性格を理解する必要があります。それによって、その馬から最大のものを得ることができ、あなたも馬に最大のものをお返しすることができます。

Learning about our horses is learning about ourselves as well, seeing how our own personalities mesh or clash with the horses we chose to ride or train. I've been amazed to realize the importance of matching horse and rider. When a mismatch happens it can be like a difficult marriage.

自分の性格が騎乗する馬または調教する馬の性格とどのように調和したり衝突したりするかを経験しながら、馬について学ぶことで自分自身についても学ぶことになります。馬と人との相性の重要性には驚いてきました。ミスマッチはまるで、結婚の失敗のようです。

It's been my experience that many of the behavioral characteristics we attribute to personality problems in the horse actually come from discomfort in the horse's body. In som cases this comes from tension that is inborn, in some cases tension that arises from any number of external causes, such as lack of exercise, inappropriate feeding, cramped stabling, or lack of companionship.

私の経験からいいますと、馬の性格に問題があるとみなされがちな行動は、実際には馬体の不快感に原因があることが多いのです。先天的なストレスが原因である場合もありますが、様々な外的要因、たとえば運動不足、不適切な給餌、窮屈な馬房、コンパニオンがいないこと、などが原因となっている場合もあります。

Horse Quotes 馬術家名言集10 ジーグナー

The Elements of Dressage: A Guide to Training the Young Horses
by Kurd Albrecht von Ziegner

「ドレッサージュの基礎―馬と共に成長したい騎手のためのガイドライン」
クルト・アルブレヒト・フォン・ジーグナー

           ziegner

Training Tree トレーニングツリー

Training Scaleをジーグナー氏がわかりやすくアレンジしたもの。

馬によい動きを求めるために、ライダーがまず習得していなければならない技術。
(1)を習得すれば(2)ができるようになり、(2)ができれば(3)ができるようになるというふうに、
練習の順序が論理的に積みあげられています。
はしょらずに基礎から順番に練習することが大切。

果実は熟せば自然にあなたの膝の上に落ちてくるでしょう。
どこかで上手くいかなくなったら、一つ前の段階に戻る。


(1) Relaxation リラグゼーション

    ライダーは、ビビって固くならないこと。
    (私はまずここで脱落


(2) Regularity 運歩の整正

    ライダーは、柔軟でバランス良く馬の動きを感じとれる良い騎座を持ち、
    馬の動き/リズムを邪魔せず乗れること。
    「良い騎座こそ人生の投資、失われることのない財産!
    (騎座って ステップ2にしてもうそんな超絶技巧


(3) Freedom 伸びやかな運歩

    ライダーは、良い騎座を持ち馬の邪魔をしない、手綱に頼らないこと。


(4) Contact コンタクト

    ライダーは、良い騎座に よって、ソフトで静定した手で乗れること。
    「良い手はまず良い騎座がないと得られない


(5) On the Aids 「手脚の間に置かれた」状態

    ライダーは、馬の動きと扶助のタイミングを感じとれる感覚があり、扶助はほとんど目に見えないこと。


(6) Straightness 真直性

    ライダーは、馬を真直にする前にまず自分が真直であること
    = いつも馬の中央に座れること。


(7) Balance バランス

    ライダーは、傾きなくバランスで乗れること。


(8) Durchlassigkeit 扶助透過性
     (後肢のパワーが手に伝わり騎座を介してパワーが循環する状態)

    ライダーは、半減脚ができること。
    ライダーは(1)~(7)の資質がなければ、効果的な半減脚はできない。
    練習をはしょらずに基本を大切に。


(9) Schwung 推進力、背を使った弾発

    ライダーは、半減脚をすべきタイミングがわかること。


(10) Collection 収縮

    全ての馬が収縮できるとは限らない。不自然な歩様なので長時間収縮させない。

    ライダーは、半減脚を適切に使えること。長い経験が必要。
    馬を固くさせたり反抗させずに収縮できること。


From "Element 2: Regurality"
the purity of the rhythm depends a great deal on the rider's seat and aids, and consequently, on feel. That is why the independent, dynamic seat (I dislike the term correct seat) is indispensable for any successful training of a horse. A good seat is a lifelong investment. It is a possesiton that cannot be lost.

From "Element 4: Contact"
Good hands depends on a good seat.

From "Element 5: On the aids"
The alibity to feal the motion and to apply the seat, leg, and hand aids almost invisibly and in correct timing is called "the rider's tact". Developing this sensitivity is the most challenging task of a good instructor.

From "Element 6: Straighteness"
Riders who work with the hands (especially on the hard side), rather than using the seat and legs to straighten the horse, end up causing rein lameness. So, it is the rider whose riding habits need straightening out first.

Any work on straightness needs a good seat and effective legs. A good seat allows the rider to keep his hands and legs steady, providing the rails the horse travels on. A good rider can feel an attempt to evade and intervene before the evasion actually happens. Remember, effective aids are invisible!

"The fruit falls in your lap as soon as it is ripe."

"A rider who knows how to ride a corner knows almost all aobut riding."
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

Princess Leia  レイア姫

Author:Princess Leia レイア姫
.
This blog is for horse lovers.
For the other topics, please visit
“Suzuran cottage”
http://suzurannoie.blog.fc2.com/

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。