FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012 ロンドン・オリンピックの馬場馬術結果

2012年、ロンドン・オリンピックの馬場馬術結果です。

上位16人馬のみ掲載しました。

ロンドン五輪のときはヨーロッパ開催のためかレベルが高く、
一次予選通過(グランプリ)で約70%以上、二次予選通過(グランプリスペシャル)で約73%以上必要でした。


続きを読む

スポンサーサイト

ロンドンオリンピックを振り返って(2)

In the London Olympics dressage, not only popular German and Dutch breeds but also other breeds competed. I was very happy to watch two Iberian horses appeared in freestyle. The Spanish horse, FUEGO (Pura Raza Espanol), came the 10th in the final, and the Portuguese horse, RUBI (Lusitano), came the 16th. In addition, the Italian breed, EREMO DEL CASTEGNO came the 15th. The Iberian horses showed fantastic performances with Latin music!

I love FUEGO the best! The appearance of this beautiful white horse is similar to that of the Lippizzaner in the Spanish Riding School in Vienna. But this Spanish horse ridden by the true Spanish rider, Juan Manuel Munoz Diaz, presented a totally different show. FUEGO was so passionate and looked like dancing Flamenco with castanets! He was amazingly supple and springy. His passage and piaffe were perfect with cadence and rhythm. Munoz Diaz rode very supple with good seat and soft hands, which is typical for Latin riders.

Now I understand that Spanish horses are horses for Spanish people, because they have been bred to suit Spanish people. The same goes for all breeds in their countries.

I wonder why FUEGO couldn't get a higher score. If it was because the Iberian horse has a smaller body and shorter legs in comparison to some popular breeds, it is so pity. I wish the dressage judges judge horses not for breed's constitution and breed's typical movements, but for horsemanship including suppleness, self-carriage, and willingness resulting from "good training".

I hope Japanese people will breed our own horses and compete on our breed with Japanese music in freestyle someday.



さて、今回のオリンピック馬場馬術で嬉しかったのは、

スペイン種(イベリア種)が2頭も決勝進出していたこと
http://www1.nhk.or.jp/olympic/equestrian/result.html?j=DrIndiRank (右端に動画ボタンあり)


かつて古典ドレッサージュの主役だったスペイン種。

今では時代遅れになって、現代競技規程では勝つことができないと聞いていました。

でもそんなことない!素晴らしい演技を披露してくれました。




        20120816a
        Juan Manuel Munoz-Diaz & FUEGO



             20120816b



             20120816b1



        20120816b2



スペイン
FUEGO号(純潔スペイン種)と、Juan Manuel Munoz-Diaz選手
決勝10位



なんて綺麗な白馬 しっぽがふさふさ

スペイン乗馬学校のリピッツァに似ているけれど、
スペイン人が乗るスペイン種って、また違うなぁ。

馬がフラメンコを踊っているみたい!
情熱的なスペイン音楽とマッチしてます。

ダブル・ピルエットがまた素晴らしい

ラテン民族は体が柔らかいというけれど、
Munoz-Daz選手のあの柔らかいシート、ソフト・コンタクト、ワン・ハンドでの騎乗、

このラテンおやじ、タダモノではないと感じました。
(Munoz-Daz選手について情報あれば教えてください)

ラテンおやじらしい、ニチャッとした甘い笑顔もよかった



             20120816c
             Goncalo Carvalho & RUBI



ポルトガル
RUBI号(ルシターノ)と、Goncalo Carvalho選手
決勝16位



ラテンのディスコ・ミュージックとともに登場!!
音楽も熱い、そしてCarvalho選手の顔も非常に熱い!

ラテンだね~!

ポルトガルが誇るルシターノ。この動画もおすすめ。
http://www.youtube.com/watch?v=Dea5gWSEoXk&feature=player_embedded
http://www.youtube.com/watch?v=a1fsXJlesiU&feature=player_embedded


ラテン民族は日本人と体型が似ているので、乗り方にも注目。

ラテン系ライダーの特徴は、

(1) 背が低い

       重心が下の方にあるので、シートが安定しやすい。
       自分の体型にあわせて、コンパクト・サイズの馬に乗っている。
       身長にあわせて、トップハットの高さは低め。     

(2) 体の柔らかさ

       ラテン人の一番の強み。
       体(関節)が柔らかいから、シートが非常に柔らかい。
       ライダーが柔らかいと、馬も柔らかく動けるらしい。   

(3) 几帳面ではない。努力家でもない。人生も乗馬もエンジョイ。 

       「だからドイツ人に負ける。」と本人たちは言っている。




        20120816e
        Valentina Truppa & EREMO DEL CASTEGNO


イタリア
EREMO DEL CASTEGNO号(イタリア産)と、Valentina Truppa 選手
決勝15位



うるわしいカンツォーネとともに登場。
私の好きな Time To Say Goodbye も流れて感激!


Truppa選手、身長160cm、体重55kgです。親近感わきます。

わかるわかる~、私たち、足がゼッケンの下にやっと出るくらいよねぇ~。
踵が馬のお腹の上にきちゃうよねぇ~。

ガル選手(身長185cm)は惚れ惚れと眺めるにはいいけれど、
一番勉強になるのは、自分と体型が似た選手の乗り方。



この馬は純粋なスペイン種ではありませんが、
イタリア国営繁殖所が競技用にブリーディングした馬だそうです。

日本がオリンピックで勝つには、
日本人に合う馬を自国で繁殖できるようになるまでは無理だろうなと、
正直思いました。



            20120816z



ちなみに、本場のスペイン種とはこんな感じ。
ドレッサージュの本来の姿です。

見てください、この壮絶なハーフパス!このピルエット!この人馬一体!

Horse Power (馬はルシターノです。残酷なシーンあり、注意)
 http://www.youtube.com/watch?v=O4glo6LBmyI

ロンドンオリンピックを振り返って(1)

During the Olympics, I didn't have enough time to watch all of the dressage performance videos. So, now I enjoy watching them.

Besides the successful British riders, the other riders and horses also showed wonderful performances. Especially, I am very much impressed by Edward Gal and Undercover.

In contrast to masculine Totilas, Undercover showed feminine and delicate beauty. I prefer Undercover. Did you see his half-pass? The pure symmetry and the regular rhythm? And his piaffe and passage! Undercover's movements are so musical. It is the arts. The BGM moves me to tears. Edward Gal is an amazing rider who can draw out the personality and individuality of each horse.



オリンピック中は動画をざっとしか見れなくて、
いまようやく、落ち着いて観戦しています。


馬場馬術フリースタイル

どの馬も素晴らしくて、甲乙つけがたい!



          20120815a
          Carl Hester & Uthopia



残念だったのは、やはりカール・ヘスターとユートピア号。
昨年12月の演技とぜんぜん違います。
http://www.youtube.com/watch?v=-iJWbFFjfck

あんなにダイナミックな動きをする馬だったのに、
オリンピックでは、馬が起きてこない。
マルコラブ夫妻もユートピア号の不調が何より残念だったそうです。

でもイギリス馬場チームの快挙は素晴らしい。
カール・ヘスターの故郷サーク島では、
カールの偉業を記念して、ポストが金色に塗られるそうです
(なんでポストやねん。)



          20120815d
          Edward Gal & Undercover



イギリス勢も素晴らしかったですが、
私が一番感動したのは、エドワード・ガルのアンダーカバー号。
http://www.youtube.com/watch?v=AtdhyGWriTY&feature=player_embedded

あまりに美しすぎて 
まるで伝説のなかの騎士のようで 
心に染みました 

あの足さばきの優美さ 
左右の完全なシンメトリー 
粒のそろったテンポ 



          20120815b
          Edward Gal & Undercover



あのハーフパス見ました ?
水面をすべる黒鳥のように、ス~っと流れるように平行移動してる

馬のバランスが安定していて、馬体が横揺れや縦揺れしないからだと思う。

そして、あのパッサージュ!
美しすぎてタメ息ものでした

音楽も泣かせるねぇ。



          20120815c
          Edward Gal & Undercover



男性的なトティラス号が比べ、アンダーカバー号は女性的でしたね。

好みによるでしょうが、私はアンダーカバー号の方がタイプかも

馬の個性を引き出せるガルさんは、本当に凄いです。


ロンドンオリンピック 馬場馬術 自由演技

Congratulations Charlotte and Blueberry (Valegro)

Thank you very much for your wonderful performance with joyful British music! Your performacne made everybody cheerful!!


        20120810a
        Britain's Charlotte Dujardin won Olympic gold in individual dressage on horse Valegro after a freestyle that celebrated British musical classic Pomp and Circumstance.



シャルロット、ブルーベリー(ヴァレグロ号)、おめでとう

グランプリ、スペシャル、キュア、全てにおいて堂々の一位

すばらしかったです

調教したカール・ヘスターもおめでとう!



        20120810b



人馬の息がピッタリでしたね

シャルロットもブルーベリー号も、ノリノリで舞台を楽しんでいるように見えました。

だからかな。素人の私が見ても、とっても楽しくてワクワクする演技でした


曲もやってくれましたね~!

「威風堂々」に、「惑星」に、「007」!
イギリス・メドレーでロンドンオリンピックを見事に締めくくってくれました!



        20120810c



いや~、楽しいオリンピックでした。

日本でも馬術競技を全て動画観戦できる時代が来たなんて、本当に嬉しいです。

速報を送り続けてくれた馬友さん、どうもありがとう!
みんなで一緒に観戦している気分でした



        20120810d



日本人選手のみなさんもお疲れさまでした!

日本人が出場してくれたから、馬術競技に興味を持てて、こんなにオリンピックを楽しむことができました!
こんな晴れ舞台に日本人も出場できるなんて、素晴らしいです。

たくさんの感動をありがとうございます!

4年後のリオを楽しみにしています

ロンドンオリンピック 馬場馬術一次予選1日目

Mr. Hoketsu and Whisper showed wonderful performance for the Grand Prix dressage test in London Olympics! Whisper was calm and elegant. I was moved by the trust between Mr. Hoketsu and Whisper. They made some mistakes and the score is 68%. But I am very proud of them. It was good dressage based on harmony between rider and horse.

Currently, the pair of Carl Hester and Uthopia is leading after the first 18 competitors. To tell the truth, I am very sorry that the legendary pair of Edward Gal and Totilas is not there. I hope Edward Gal will show good performance with his new partner today.

I have not yet watched the other riders's performance because the Olympics online video survice is now busy. Although I am happy to hear that Uthopia is in good conditions, I am surprised at the score lower than 80%. Not only Uthopia, but also the other horses seem judged very strictly. I hope the dressage competitions will be fairly judged to satisfy everybody including athletes and audience.




        20120803




法華津さんとウィスパー、すごく良かった~
さきほどNHKネットストリームで見ました。
http://www1.nhk.or.jp/olympic/equestrian/

ウィスパー号、落ち着いた柔らかい動きで、素晴らしかった 法華津さんも、すごく優しく乗られていました。まさに、人馬一体!それこそ馬場馬術が目指すものですから。この4年間でさらに深まった人馬の絆を感じました いい演技でした。日本人として嬉しく思いました。会場の拍手も温かかったですねぇ。

馬上の法華津さん、ダンディで本当にカッコよかったです 歳を重ねても、美しい姿勢と滲みでる品格。ああいうシニアに私はなりたい

素晴らしい演技をありがとうございました。

ウィスパーちゃんはほんとうに可愛いい!金メダルは無理かもしれないけれど、あの可愛いさだけで世界ランキング第一位でしょう!法華津さんには是非、リオを目指してほしいです。




        20120803b
        カール・ヘスターとユートピア号(回線混んでて動画みれない)



さて、ただいま暫定一位はカール・ヘスターとユートピア号(77%)!

ああここに、ガル選手&トティラス号のペアも見たかった。本当に残念です。



             20120803c


sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

Princess Leia  レイア姫

Author:Princess Leia レイア姫
.
This blog is for horse lovers.
For the other topics, please visit
“Suzuran cottage”
http://suzurannoie.blog.fc2.com/

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。