FC2ブログ

Garden  お庭

Finally, gardens! Gardens are miniature nature, because we feel comfortable living with nature. The basic of garden designing is the same as that of room designing. First, we think about a feed-water system, a drainage system, and sunshine for our garden. Second, keep the garden tidy. Third, the same style as a room is used for the garden, because a garden view from a window is a part of the room. Fourth, for flowers, choose one of colors in the room. Monotone color is more attractive than various colors in flower garden. If you want to use more colors, analogous colors or complementary colors are recommneded. Fifth, create a focal point by using an ornament or the like. Arrange your favourite flower to emphasize the focal point. Make the other areas simple to impress the focal point. The focal point makes the garden very attractive even in seasons without flower.




     20130408souji2_convert_20130408130137.jpg
     "Japanese gardens create miniature idealized landscapes,
      often in a highly abstract and slylized way."


     20130408youshiki_convert_20130408130413.jpg
     "Souzu", a typical ornament in Zen garden.
      I like this kind of shabby garden.




もう一つ、大事なものを忘れておりました!

お庭です



お庭とは、限られた空間に人工的に自然を再現したもの。
人間の心はいつも自然を求めているのですね~。

大きな庭園がなくても、
玄関前やベランダなどにも美しい自然を再現できます。

こういう技にかけては、日本庭園が素晴らしいと思います。
縁側のそばの添水(そうず)は、夏の涼をさそいます。

一番いいのは、自然そのものを庭に取り入れることです。
窓から山や海が見えるのは本当に素敵です。





     20130408paris.jpg
     Balcony in Paris パリのバルコニー



     20130408paris3.jpg
     Breakfast in balcony, Paris
     パリジェンヌのように、ベランダにチェアを持ち出して朝食も素敵です。





では参りましょ~

ガーデン・コーディネートの基本


(1) 排水と日当たりを考える

給水と排水設備は必ず確認。
土や落葉が排水パイプに詰まらない工夫を。





     20130408hidcote_convert_20130408120737.jpg
     Hidcote Manor, England




(2)お庭を掃除する

用のない植木鉢、そのほかバケツや自転車などをお庭に放置しない。




     20130408mado_convert_20130408120807.jpg
     Traditional Japanese garden




(3)様式をお部屋と統一する

窓から見えるお庭は、お部屋のインテリアの一部と考える。




     20130408ashiya.jpg
     in Ashiya, Japan




(4)カラー・コーディネート

花の色は、お部屋の色(メイン色、サブ色、アクセント色)のうち、どれかを使う。
そうすることで、お庭の景色がお部屋に溶け込んでくれる。

花の色は、いろんな色を混ぜずに、一色に統一した方が綺麗。
二色を使いたい場合は、類似色や補色を少しだけアクセントとして使う。


いろんな色を使った花壇は上級者向け。画家モネの庭などが参考になりそうです。




     20130408hidcotemonar_convert_20130408120754.jpg
     Hidcote Manor, England



     20130408barnsleyHouse_convert_20130408120717.jpg
     Barnsley House, England




(5)フォーカル・ポイントを作る

これはお部屋の場合と全く同じです。
http://sidesaddle.blog136.fc2.com/blog-entry-380.html

まず、お部屋から一番よく見える庭の部分をチェックします。
そこをフォーカルポイントと決め、何かオーナメント(目立つ物)を置きます。
お花はフォーカル・ポイントを引きたてるように配置します。
フォーカルポイント以外の場所は、シンプルにします。



上のHidcote Manorのお庭では、フォーカルポイントであるベンチを藤の花が縁取っています。
Barnsley Houseでは、庭の奥のオーナメントへといざなうように、花壇が配置されています。
花の色は、紫と黄色の補色の関係になっています。

バラが好きだからとお庭をバラだらけにするより、
庭の一部だけにバラを植えた方がより印象的になるそうです。
素敵なお庭ほど、それほど花は使っていません。

実際、フォーカルポイントがあれば、
花のないお庭でも素敵に見えます




     20130408souji.jpg
     Cotswolds, England



     20130408monetgarden_convert_20130408120821.jpg
     Monet's Japanese garden in Giverny, France
     モネの庭、ジヴェルニー

スポンサーサイト

Bathroom & Dressing Room バスルーム&ドレッシングルーム

And, romantic bathrooms!! I collected photos of beautiful bathrooms and dressing rooms. I love to see wonderful bathrooms beyond my imagination and expectation! Unfortunately, I couldn't find photos of beautiful lavatories. I think bathrooms and lavatories are quite private places where ladies are changed to beauty. So I hope such rooms are magically beautiful. Elegant hotels and restaurant generally have beautiful lavatories. Bathroom and lavatory reflect their owner's aesthetics the most.



bath9_convert_20130405164118.jpg


参考になる画像というより、
うっとりする現実離れした画像を集めてみました。

一般概念を覆すような、そんな「ありえないバスルーム 」に惹かれます(笑)



実は、私が本当に見たいのは、
うっとりするほど美しい、現実離れしたトイレ

10数年前に訪れた(宿泊ではありません)改装前のリッツ・パリのトイレ(一階ロビー)は、
トイレの概念をひっくり返すような、あまりに美しすぎるトイレでした

ヴェルサイユ宮殿の貴婦人の部屋のような空間で、
このトイレに住みたいと真剣に思ったくらい(笑)



バスルームやトイレって、とってもプライベートな空間。
とくに女性にとっては、美しく甦るための空間です。
だからこそ、秘密の花園のように美しくあってほしいのです 

本当に素敵なホテルやレストランって、トイレが一番感動するんです。
そのお店の美意識が一番現れるところが、トイレだと思う。

ということで、トイレ談義でした~


(ご心配なく、来週からそろそろ馬話に戻ります。)



     bath14_convert_20130408143209.jpg



     bath4_convert_20130405164001.jpg



     bath10_convert_20130405164138.jpg



     bath1_convert_20130405124513.jpg



     bath3_convert_20130405163943.jpg



     bath6_convert_20130405164033.jpg



     bath2_convert_20130405124529.jpg



     bath5_convert_20130405164017.jpg



     bath8_convert_20130405164104.jpg



     bath7_convert_20130405164048.jpg



     bath23.jpg



     bath12_convert_20130405164155.jpg



     20121126b



     20121126a



     bath38_convert_20130408144308.jpg








Entrance Hall 玄関

I also collected photos of entrance halls which are seldom featured in home magazines. But an entrance hall is a very important place to give the first impression of home.



 

しつこいですが、まだインテリアシリーズ。

インテリア雑誌にはあまり掲載されないけれど、
意外に大事な場所をピックアップ。

素敵な玄関の画像をみつけたら、
このページに蓄めていく予定です。


     20130320crm55_convert_20130322143515_20130405164244.jpg



     ent1_convert_20130405124137.jpg



     ent3_convert_20130405124220.jpg



     ent5_convert_20130405124302.jpg



     tumblr_lyru81EMEQ1r3cyxjo1_400_convert_20130405124351.jpg



     ent4_convert_20130405124239.jpg



     20130320ylw6_convert_20130405124109.jpg



     ent6_convert_20130405124328.jpg

そして風水

I want to use also the Feng Shui techniques in my home. Feng Shui is the traditional study of residential environment in Asia. It is believed in Feng Shui that home design influences our life lots. There are also lots of taboos in selecting colors and directions for rooms. Elder generations still believe it, while younger generations are likely to think it as just superstition. Anyway, various businesses use Feng Shui for making money, which confuses us more. But, originally, it is quite reasonable and scientific study. The following is my understanding of basic Feng Shui.

1. When building a house, we consider good systems for water discharge, air ventilation, and sunlight receiving. Humidity should be avoided.

2. Rooms should be kept clean. In particular, a kitchen, a bathroom, and a lavatory which are often humid should be cleaned and ventilated to prevent the growth of bacteria.

3. Rooms are arranged so that natural sunlight can be used as much as possible. For example, a kitchen and a breakfast room are on the east of the house to receive the morning sunlight, a room for spending a day time is on the south, and a room for the evening is on the west.

4. Room color is selected according to the sunlight intensity and an aim of using the room. For example, Red or warm bright color is recommended in a kitchen and a breakfast room (East room) because Red stimulates appetite and increases blood pressure to energize us to start a day. Green color heals stress on our eyes and mind so that plants are suitable in rooms on the south to shield the strong sunshine. Yellow is lucky color for rooms on the west. Yellow, such as light of ramps and candles, gives us relaxation and bright hope for a next day when we are spending a time before bedtime. White or bright color is suitable for rooms on the north. North rooms are dark and therefore likely to be dirty. Keep the north rooms bright with lighting equipment and always tidy.



     20130403a.jpg
     Kyoto, the ancient capital of Japan.
     Kyoto was designed according to Feng Shui.
     日本の古都、京都。風水に基づいて建てられた町です。


     20130403b_convert_20130403083712.jpg



インテリア・コーディネート、まだ続きます。

仕上げに風水を取り入れたいのです。
東洋ならではの住宅環境学ですから。

でも、「西に金の龍をおけば金運アップ」とか、
そういう開運グッズには興味ないのです(笑)
そんな物を置いたら、せっかくのコーディネートが台無しになってしまう

風水の本質的な知恵を学びたいと思っています。



(1) 家の設計

排水と換気と日当たりに配慮する。
湿気が家にこもらないこと。


(2) 掃除

一番大切なのが、お掃除。
とくに台所、浴室、お手洗いなどの水回り。そして鏡(?)。
アジアは湿度が高いため、水回りの不衛生が雑菌繁殖の原因になるからでしょう。


(3) 部屋の間取り

できるだけ自然光を取り入れる。
東にキッチンや朝食部屋、南にリビング、西にダイニングなど。


(4) カラーコーディネート


キッチンや朝食部屋は、一日の活力を得るための部屋。
大きな窓から朝日がさし、インテリアは明るい暖色の部屋がよいそう。

風水では、東に赤(勝負運)がラッキーカラー。
実際、赤には食欲を増進させ、活動的な気分にする効果があるそうです。


日中に仕事をする空間は、眩しい日差しや照明で神経が疲れないように配慮。
観葉植物を置くとよいそうです。

風水では、南にグリーン(健康運)がラッキーカラー。
グリーンは目を休める効果があり、平和的な雰囲気で人間関係も良くしてくれるとか。

西
寝る前の部屋は、一日の疲れを癒しリラックスするための部屋。
理想的なのは夕暮れの自然光ですごすこと。現代なら間接照明がいいですね。

風水では、西に黄色(金運)がラッキーカラー。
間接照明で、お部屋全体を黄色やオレンジの灯りで包んではどうでしょう。
黄色は、疲れからの回復と、明日への明るい希望を与えてくれる効果があるそうです。

就寝前一時間をゆっくり過ごすことは、一日のなかで一番大事だそうです。


日があたらない北側のお部屋は、不衛生になりがちなので注意。

風水では、東北(鬼門)に白がラッキーカラー。
暗くなりがちなお部屋には明るい照明をつけ、インテリアも白など明るい色を選ぶ。
いつも清潔にしておくことが大切だそうです。




昔の人は、素敵なお部屋に暮らすことをとても重視していたようですね。
衛生的で心理的にも居心地良い空間で過ごすことが、
人生の成功にさえつながると信じられてきたのですから。

ヨコノラーの、インテリア・コーディネート

I have completed the "Colors and Side-Saddle Riders" series by adding more charming photos. Here, I am summarizing the basic of interior designing. First, we have to keep our rooms clean, in particular, kitchen, bathroom, and lavatory where humidity causes disease in Asia. Second, the same interior style should be used in home. Don't compromise in shopping, but wait until we find the just thing we have wanted. Third, regarding color choice in a room, we use a dominant color for 60%, a secondary color for 30%, and an accent color for 10% of a room. Fourth, find a focal point on which people often cast eyes in moving at home. Decorate the focal point beautifully and make other parts simple, so that the focal point can give overall impression of our home. It is a kind of visual trick.



「色別ヨコノラー」シリーズ、完成いたしました。
各ページに画像を新たに追加しました。
インテリアのお好きな方はぜひ、もう一度初めから見てください。

カラー性格判断、いかがでしたか?
心にグッとくるお部屋、ありましたか?

どのお部屋も素敵すぎますよね
私はマリー・アントワネットと好みが似ているかもです。

サイドサドルが好きな方は、きれいなお洋服やインテリアもお好きだと思いますので、
インテリア・ネタをもう少し続けてみます。

私はセンスはあまりない方なので、
プロが教えるインテリア・コーディネートの基本をかじってみました。



     20130320toile5.jpg




(1) 掃除をする


 収納

お掃除のまえに、まずは収納。何をどこに片付けるかを細かく決めて、物は定位置に戻す。これだけで後片付けが楽になり、掃除も楽になるそうです。

 水回りと鏡

そして、水回りと鏡の掃除を大切に。これは風水の考え方。湿気の多いアジアでは、風通しや水回りの衛生管理が健康につながるため。




     20130320blu34_convert_20130327124540.jpg



(2) インテリアの様式を統一する


インテリア・コーディネートのコツは、「目の錯覚」だそうです。

インテリアが同じイようなメージで統一されていると、互いに引き立てあって実際以上に素敵に見えたりします。

まずは素敵なお部屋をたくさん見て、自分の好みを発見するのが一番だそうです。

そして注意すべきことは

 機能重視で買わない。(アンティーク家具のお部屋に大画面テレビなど。)
 気に入ったものが見つかるまで根気よく探す。
 気に入って購入したがお部屋に置いてみるとイメージが違った場合は、即、返品・交換。
 気に入ったものがどうしても見つからなかったら、オーダーやDIY、手作りも考える。
 流行に流されない。今の流行は10年後の時代遅れ。流行モノは部分的に取り入れていずれは処分。




     20130320spode_convert_20130327124946.jpg



(3) カラー・コーディネート


 自分の好きな色を見つける。

 室内の色の配分は、

・ メイン色 (壁や天井など) 60%、
・ サブ色 (家具など) 30%、
・ アクセント色 (クッションなど) 10%。

メイン色とサブ色の関係は、類似色相がベター。
メイン色とアクセント色の関係は、補色でもよい。

 床など部屋の下の方は濃く、上の方は薄い色にすること。

 パブリックスペース(玄関、廊下、応接間、ダイニングルーム、トイレ)は、色のイメージがある程度統一されていること。



     20130320redoure2.jpg



(4) フォーカルポイントを作る


フォーカルポイントとは、お部屋のなかで一番視線が集まる部分。和室なら床の間、洋室ならマントルピースです。

フォーカルポイントを美しくアレンジすることで、視線がそこの集中し、ほかの部分(あまり見て欲しくない部分とか)に視線がいかなくなるそうです。お部屋の印象がフォーカルポイント次第で決まります。自分のセンスや個性を活かすところです。


フォーカルポイントの作り方

 家のなかを歩いてみて、お客さまの視線が一番向く部分がどこか調べる。そこをフォーカルポイントに決める。

 フォーカルポイントをアクセント色を使って装飾し、他の部分より目立つようにする。たとえば、額、お花、観葉植物、小物など。

 フォーカルポイント以外の部分は、色やデザインを控えめにする。

 フォーカルポイントの装飾は、ときどき変える(季節ごとなど)。見慣れてしまうとフォーカルポイントでなくなってしまうから。(日本の床の間飾りと同じですね。)

注意点:
* フォーカルポイントの近くにゴミなどを置かない。
* 玄関のフォーカルポイントは、お客様に家全体のイメージを与える大切なところ。
* デザインが同じものばかりにならない。たとえばバラが好きだからと家中をバラ柄にせず、フォーカルポイントだけにバラを配することで、逆にバラが印象づけられる。



     20130320jesper2.jpg



今までの私のお部屋、イマイチ洗練されていない感じでした。

プロのアドバイスどおりにやってみると、ずいぶん変わったように思います。
洋書のお部屋ちっくになってきた?
ちょっと嬉しいです

「素敵なお部屋、一日にして成らず」ですね。



     20130327x.jpg
     こんな感じです。








sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

Princess Leia  レイア姫

Author:Princess Leia レイア姫

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR