FC2ブログ

Side Saddle Trip (45) Final, Return Home

Finally, I came back home after the wonderful trip. AOI and R2D2 were very happy to see me back home (or missed the apples and carrots I brought). I kissed them a lot.

Thank you very much for all of your help and kindness in Vienna and UK. In particular, special thanks to Mr. and Mrs. Marconipops. This trip would not have been possible without their help. And, thank you for all readers reading the long story of my trip (with the delayed English texts!) I hope you enjoyed it.

It was precious experience to see the real life of side-saddle ladies in UK. I was impressed by the ladies and also by how much they were intimate with their horses. I learned the "horsemanship" there.

In fact, horse lovers are the same everywhere in the world. We love horses and wish happy relationship with them. I was really glad to share my passion with lots of riders in the countries far from Japan. I hope to keep in touch with you and share our passion also through this blog.



          20120906
          AOI and Me, and the Welsh flag!

          AOI loves the flag and is eager to play with it.
          He always wants anything I have.



サイドサドルの旅(45) 最終回 帰国


サイドサドルの旅2012。

「世界は一家、馬キチガイみな兄弟 」 それを実感した旅でありました。

英国のヨコノラーに実際にお会いできた貴重な体験でしたが、

それ以上に、英国ライダーたちの馬との深い関係に感銘を受けました。

国が違っても馬への愛情は変わりませんでした。



ヨーロッパの馬たちも素晴らしいですが、やはり愛馬が一番です。

キュ~ンキュ~ンと甘えてくるアオちゃんの臭いをかぐと、ホッとできました。



長編でしたが、読んで頂きありがとうございました。

お土産らしいものもなしですが、ヨーロッパの写真を見て和んでいただけたら幸いです。

私自身、旅の思い出を整理しながらブログを書くのも、楽しい時間でした。



サイドサドル日記のはずが、時々、あらぬ方向へ脱線するこのブログ。

Horse Loversのみなさんと、いろんな感動を分かち合いたいと思いますので

これからもよろしくお願いいたします
スポンサーサイト

Side Saddle Trip (44) Royal Opera House

At last, the end of this trip. At the last evening in Britain, I watched an opera "La Boheme" in my favourite Royal Opera House. That was a wonderful production! I was in tears with the beautiful song "Mi chiamano Mimi", a song of a poor girl having richness in her heart. The singers were also talented actors/actresses. Their comical acting made the audience burst into laughter.

The Royal Opera produces not merely high-quality music but human drama with the deepest insight. So does the Royal Ballet. Anyone can see their top-class performances with reasonable ticket prices. It is not only in the Royal Opera House. In London, we can see world valuable arts so easily. The Notional Gallery and the British Museum are free of entrance fees! I think such wonderful cultural environments nurture the creativity power in London.

True arts stir even rusty heart. We can be young and fresh again. As Kasper Holten, the director of Royal Opera House, commented, the opera house and any other good arts are "emotion fitness centers" to train "emotion muscles".



          20120903a



          20120903b



サイドサドルの旅(44) ロイヤル・オペラ・ハウス


とうとう、この旅も終わり。

最後の夜は、英国ロイヤルオペラで「ラ・ボエーム」を見ました。
 http://www.roh.org.uk/news/la-boheme-pre-performance-essentials

安いチケットなら8ポンド(約千円)くらい。
平日だったので、当日券でも簡単に手に入りました。

ちなみに、大英博物館やナショナルギャラリーは入場料無料です。

一般市民でも、世界一流の芸術に気軽にふれられる。
そんな環境が、ロンドンの創造性と活気を生んでいるように思います。



          20120903c



「ラ・ボエーム」、素晴らしい公演でした。

パリに住む、若く貧しい芸術家の卵たち(ボヘミアン)の物語。
貧しくても、夢に生き愛に生き。
生活の苦労も、仲間たちと冗談にして笑い飛ばす。

でも、貧しさゆえの厳しい現実があって...。

「ボロを纏えど心は錦」
そんなミミの人柄を、
ソプラノ歌手が透きとおるような声で歌いあげてくれました。

あんまり美しくて泣いてしまいました。
 http://www.youtube.com/watch?v=F2bKgu-BDCY
 http://www.youtube.com/watch?v=Y9v_MSEoQUw



          20120903d



若い芸術家たちが貧しさに奮闘する、コミカルな演技にも大爆笑しました。
まるで吉本新喜劇でした!

英国ロイヤルオペラは、ただ音楽が美しいだけでなく、
音楽を通じて、登場人物の内面を描き出す表現力が素晴らしい



          20120903zz



英国ロイヤルバレエもまた、単なるダンスにとどまらず、
ダンスによって深い人間ドラマを表現しています。

もう少し長く滞在して、ロイヤル・バレエも見て帰りたかったです。
http://www.youtube.com/watch?v=Y9BBnWkYiRM&list=EC2EF9ED4A30845991&feature=plcp

本当に素晴らしい芸術は、
心の奥底に封印されてしまった想い、錆び付いていた想いすら、呼び覚ましてくれます。
心が生き生きと若やいでくるような。

ロイヤルオペラの監督さんは、芸術に触れることは
「感情フィットネスセンターで感情筋を鍛えること。」だとコメントされていました。

Side Saddle Trip (43) Riding in Hyde Park

Although the park hack on side saddles in Rotten Row is now out of fashion, Londoners still enjoy riding in Hyde Park. I have once enjoyed hacking in the park. It was fantastic experience. But this time, I didn't have an enough time to ride. As I stayed in Paddington area, I visited the park in the early morning just to see morning ride.

First I saw Metropolitan Police. I have watched a very interesting youtube video of their performance in London Olympia. I was deligted to encounter them there. Then, I saw two young girls and three ladies on elegant horses. I wondered why they were in formal turnout for private riding. Anyway, the horse riding in Hyde Park was attractive to watch.

If I have a chance to hack in Hyde Park again, I hope to canter in Rotten Row.



          20120831b
          ランカスター・ゲートの噴水。ハイドパーク。



          20120831c



サイドサドルの旅(43) ハイドパークで乗馬


ロッテン・ロウの社交風習は廃れましたが、

ハイドパークでは今でも人々が乗馬を楽しんでいます。



          20120831d



          20120831e



私はLancastor Gate駅近くに宿をとり、早朝にハイドパークを散歩することにしました。

まず、メトロポリタンポリス騎馬警官を発見!

朝の運動のようです。乗馬道ではなく車道を走っています。

メトロポリタンポリス、大好きなので、遭遇できて感激。
http://www.youtube.com/watch?v=GE4YU2QY_Yw



          20120831f



次に現れたのは、フォーマル乗馬服の少女たち。絵になります。

それにしてもなぜフォーマルウェア?



          20120831g



          20120831h



そして、これまたフォーマル乗馬姿の女性陣。

ジョギング集団をバックにした光景が現代的です。




旅行者でも、ハイドパークで乗馬を楽しめますよ。
https://www.hydeparkstables.com/

今回は時間がなくて無理でしたが、私も昔ここで外乗したことがあります。

緑がとても美しく、馬に驚いた鳩たちが頭上を飛び去っていきました。

でも、ロッテン・ロウを走った記憶はないのです。
次の機会にはぜひ、ロッテン・ロウまで案内してもらおうと思います。



          20120831i
          (reference only) Royal Horse Artillery preparing for the Jubilee ceremony, Hyde Park
          <参考画像> 女王在位60式典の練習をする、英国騎馬砲兵隊。ハイドパーク。
          運がよければ、こんな光景に遭遇するかも!



ちなみに私が外乗したとき、先導インストラクターは、フォーマルどころかタンクトップ姿でした

そのインストラクターに教えてもらった、ブリティッシュ・ライディング  


(1) まず、馬の上でComfortableでいられること。

馬の上で、ゆったりとくつろいだ気分でいられるかどうか。
これが一番大切なのだそうです。
自信のない馬や苦手な馬には、乗らない方がいい??

馬に乗りながら鼻歌うたったり、友達と冗談を言ったりする余裕、大切みたいです。


(2) 手綱はソフトコンタクト

イギリスの馬(ヨーロッパの乗用馬?)は中間種だから首が短くて、
手綱を引っ張られるとダイレクトに口にあたるらしいです。

外国での乗馬だからと不安になって手綱をシッカリ持っていたら、
馬が興奮してNON STOPになってしまいました!

「固くならずにリラックスして乗ってて~。それだけでいいから~。」
と注意を受けました。

私の感覚では、ハミが馬の口にかすかに触れているくらい。
外乗なら、手綱なんてプラプラで持たなくてもいいくらい。
このコツをつかんだら、ヨーロッパでの乗馬は問題なくなりました


(3) 車道を渡る

車道では車が停止してくれるので、慌てずゆっくり渡る。
停止してくれた車には、帽子の端をつまんで敬礼する(障害敬礼の要領で)。

Side Saddle Trip (42) Rotten Row

One of reasons I stayed in London was to see real Rotten Row in Hyde Park. When I read some side-saddle books written around the 19th century, I found the word "Rotten Row" so many times but I couldn't understand it. I checked the word in the Internet and learned that it was the fashionable social place where ladies and gentlemen riding on horses or carriages gathered to meet. I also found the beautiful paintings by Heywood Hardy drawing the scenes of the morning ride in Rotten Row. I wished to visit there.

Rotten Row was located at the south side of Hyde Park. It was a wide and long boulevard for horses and carriages. Long rows of trees were along the boulevard. It would be pleasant to ride there in the morning fresh air. I imagined the beautiful scenery of elegant ladies on side saddles riding there.

"The Young Lady's Equestrian Manual" which I bought says that there were manners in such park hack. For example, as ladies ride with their legs at the left side, a rider has to pass a coming rider on the left side. I suppose this "lady-first" spirit has left in the traffic manner in the Britain to drive on the left side on the road. In addition, in park hack, a gentlemen gives a salute raising his hat, while a lady gives a salute with her hat on. This tradition remains in dressage performance.



          20120829a



              20120831a



サイドサドルの旅(42) ロッテン・ロウ


ロンドンではぜひ見たいものがもう一つありました。

ハイドパークのロッテン・ロウです。



   20120829b
   "Morning Ride, Hyde Park", by Heywood Hardy, 19th century




   20120829cx
   "Morning Ride, Rotten Row, Hyde Park", by Heywood Hardy, 1894



ロッテン・ロウは、18~19世紀、ロンドンのセレブたちが乗馬や馬車で集った社交場。

ロッテン・ロウ・デビューしたいためにサイドサドルを習う女性もいたそうです。



          20120829e



ロッテン・ロウはハイドパークの南端にありました。(Hyde Park Corner駅下車すぐ)

想像以上に幅が広く、真直線に長く伸びています。

どこまでもつづく並木が美しかったです。

朝の爽やかな空気のなか、ここを乗馬するのは気持ち良さそうです。



          20120829f



The Young Lady's Equestrian Manual によりますと、

公園内の乗馬(Park Hack)でのマナーは、

  すれ違うときは左側通行、
  追い越すときは右側から。

これは、サイドサドルの女性の足が左側にあるので、邪魔をしないためだそうです。

ヨーロッパで英国だけが左車線なのは、この頃の風習から来ているのでしょうか。

さすが英国紳士。レディへの気遣いが細かいです



また、挨拶するときは、

男性はかならずハットを脱いで会釈

女性はハットを被ったまま会釈

この文化は、馬場馬術にも残っていますね!

Side Saddle Trip (41) The Royal Mews

I visited the Royal Mews because I heard there was an exhibit of a Queen's side saddle. Unfortunately, there wasn't. But the Royal Mews is worth visiting (if you like horses). It is a royal stable like the Spanish Riding School. The Royal Mews has the elegant stable architecture, the collections of gorgeous horse tacks, and the collections of state coaches, although horses are not there.

I would like to suggest the Royal Mews to present some kind of equestrian performances, like the Spanish Riding School and the Versailles Equestrian Academy. For example, how about a small parade or a demonstration of the Horse Guards? That will attract lots of tourists (and make money), and help to keep their traditions.



          20120827aa



サイドサドルの旅(41) ロイヤルミュー



ロイヤル・ミュー(王室厩舎)にビクトリア女王の横鞍があると聞き、行ってみました。

でも残念ながら、鞍の展示はありませんでした。

でもロイヤル・ミューは一見の価値あり!

馬好きの私には、ロンドン塔よりよっぽど興味深い。

http://www.royalcollection.org.uk/visit/royalmews
http://www.royalcollection.org.uk/visit/royalmews/plan-your-visit?language=ja



          20120827b

スペイン乗馬学校の厩舎によく似ていましたが、

ロイヤル・ミューは主に、馬車用の厩舎。



          20120827c

馬車馬は、馬房でつないだままにするらしい。ちょっと可哀想。

肝心の馬たちは別の場所にいて残念。



          20120827d

黄金の戴冠式用馬車(Golden State Coach)

ブリンブリン、ド派手ぶりに驚愕

ムキムキの男の人魚たち4人が、ほら貝を吹いているという、斬新なデザイン



          20120827e

やはりヨーロッパは馬車文化だなぁと。

誇らしげに馬車を陳列する様子は、

お金持ちがフェラーリやポルシェを集めているのに似ていました。



          20120827f

ロイヤル・ミューの室内馬場。

ヴィクトリア女王の子どもたちもここで乗馬を習ったとか。

マルコラブ夫妻もここで乗馬していて、サイドサドルを習ったのだとか。

「ロイヤルファミリーによく会っていたの?」と尋ねても、なぜか答えを濁されました。

意味深だな~。


sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

Princess Leia  レイア姫

Author:Princess Leia レイア姫

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR